共立の古いチェーンソー買取ました(大阪府八尾市)

買取実績(兵庫,大阪,神戸,京都など関西全域の買取実績) -4ページ目-

共立の古いチェーンソー買取ました(大阪府八尾市)

チェーンソーなど工具買取はお任せください。不動のチェーンソーも状態により買取可能です。
メーカー:共立 
工具名:エンジンチェーンソー CS-441 
燃料:混合油 25:1

共立の古いチェーンソー買取ました(大阪府八尾市)

共立の古いチェーンソーという工具を買取ました。
CS-441という工具モデルです。
画像はメンテナンス済みの状態ですがここまできれいにするのに結構大変でした(‘;’)
チェーンソーというのは潤滑用のオイルが入っていて刃にオイル塗布しながら切っていく仕組みになっていますが古いものだとオイルがべとべとになっていることがよくあります。
このオイルと木くずで工具全体が真っ黒のべとべとの触るのも憚れる外観だったんですよ。
エンジンも当然のようにかからず、時間をかけて工具をオーバーホールしてやりました。
なんとかメンテナンスを終えて気を試し切りまでできたときはちょっと感動でした。
こんな感じで工具買取エスクラインでは買取した工具は1点1点メンテナンスを加えてリユースしているんですよ。
もちろん状態の良い工具を買取した場合はほぼそのまま店頭に並ぶこともあります。
メンテナンスを前提で買取していますが、やはり時間も手間もかかります。
外観の状態がいいものは査定アップにつながりますので簡単にエアブローなどして汚れを簡単に除去していただいていると高額査定につながりやすいですよ。

さて工具買取エスクラインでは工具の買取で日々東奔西走しています。
ゴミだと処理代を支払って処分することになりますが、売れる工具や道具は買取に出すことでお金になります。
エスクラインは徹底してコストカットしていますので工具の高価買取が可能なんですよ。
工具の買取のことなら是非エスクラインにお任せくださいね。

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

1.チェーンソーの概要

チェンソーとは木を伐採するときに使用する工具です。
山仕事をするときには必須の工具ですよね。
主に気を切断するときに使用しますが型用の刃もあります。
ソーチェーンをエンジンやモーターで回して対象ワークを切断加工するために使います。

2.チェーンソーのメーカーなどについて

やっぱりスティールの物が一番有名ですね。
耐久性や機能も一歩抜きんでているのではないでしょうか?
国産では共立がスティールを追いかける形になると思います。
他にも日立、マキタやリョービ、新ダイワ、タナカ、ゼノアなどのメーカーもありますよ。
日立やマキタといえば電動が有名ですがエンジン工具も販売されています。

3.大まかな使い方や作業における注意点

駆動方式としてはエンジン式と100V式があります
エンジン式は電源の確保できない山奥などでも使用しやすいしハイパワーなのが魅力ですがエンジンがあるのでやっぱり少し重くなります。
それに対して100Vの物は計量なのが一番のメリットです。
ただし当たり前ですが電源がないと使用できません。
山奥で使うには発電機やウェルダーが必要なのでエンジン式よりも面倒でかえって重くなることも…
ただ100Vの物は静かなので騒音問題が出るような地域でもそれほど気にせずに使用できるかもしれません。
どちらにせよ一長一短があるとは思います。
しかし一般的にはエンジン式を選ばれる方の方が多いのではないかと思います。


新ダイワ 切断機 L120S-Nを買取ました

高速カッターなど工具買取はお任せください。切断機の買取実績も豊富です。
メーカー:新ダイワ 
工具名:305mm 切断機 L120S-N 高速カッター 
定格:AC100V 50/60HZ 15A 1400W 
回転数:3600rpm/min 
切断砥石:305×内径25.4mm 

新ダイワ 切断機 L120S-Nを買取ました

新ダイワの高速カッターを買取ました。
ベース部分の錆はどうしても中古だと発生しますが結構きれいな状態の工具が買取できました。
画像には写っていませんがレジトンの未使用の砥石も20枚一緒に買取させていただきました。
工具の買取をしていると砥石などの消耗品は結構持って帰ってもええよと言われますが
そういう時でもなるべく高額になるよう査定して買取させていただいています。
「こんなしょうもない工具、買取でけへんやろ?」
といいながら砥石やマルノコの刃などをバッカンに買取査定している横でバンバン捨てておられる方もいらっしゃいました。
そういう場合はちょっと待ってくださいと言って引き留めて工具の買取させていただいています。
売れる工具は売らないともったいないですよ。
いい工具であっても捨ててしまえばただのゴミです。
ゴミだと処理代を支払って処分することになりますが、売れる工具や道具は買取に出すことでお金になります。
エスクラインは徹底してコストカットしていますので工具の高価買取が可能なんですよ。
工具の買取のことなら是非エスクラインにお任せくださいね。

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

1.高速カッターの概要

高速カッターはディスクグラインダーを大きくしたような?電動工具で、大きな切断砥石を使って金属などをカットするため工事現場などで役に立ちます。
ハイプやアングル材などを手軽に切断しやすく、従来のディスクグラインダーが苦手な部材にも向いていることが特徴です。
また、ディスクグラインダなら砥石が引っかかることでキックバックが発生しやすいですが、高速カッターはスタンドに固定されているため安全に作業ができます。
他にも、切断精度が高くてバイスやパイプなどを斜めに切ることもでき、オールマイティーな使い方ができて便利です。
しかし、コストが高いことが難点で、ディスクグラインダの砥石と比べると2~3倍程度になります。

2.高速カッターのメーカーなどについて

高速カッターのメーカーは、マキタ、リョービ、日立工機、高儀、新興製作所の5社が有名です。
私がおすすめするのは日立、リョービ、マキタの3社です。
職人さん御用達ですよね。
また、高儀や新興製作所は価格の安さと性能の両立しています。
高速カッターはメーカーによって個性的なものがあり、それぞれの特徴を知ると選ぶきっかけになります。

3.大まかな使い方や作業における注意点

高速カッターは工事現場で水道管や鋼管などのパイプや丸棒のカットをするために役立ちますが、事前に構造や正しい使用方法を確かめないと危険なため注意が必要です。
使用する前は外観や作動や機能などを点検し、試運転をすることや安全装置、ストッパーピン、防護カバーなどが機能しているか確かめる必要があります。
作業中は急激なハンドルの押し下げを避けないと砥石のひび割れの原因になり、あらかじめ切断する方法を決めることが大事です。
また、切断時間が長くなるとモーターを冷却し、安全に運転できるようにすることが求められます。
他にも、近くに引火しやすい油などがあれば火花が出るため注意し、場所を決めないと危険です。


鶴見 水中ポンプ 50TMA2.4Sを買取ました

水中ポンプなど工具買取はお任せください。水中ポンプの買取実績も豊富です。
メーカー:鶴見 ツルミ 
工具名:海水用 水中ポンプ チタンポンプ 50TMA2.4S-52 TM型 
吐き出し口径:50mmB 
形式:自動型 
出力:0.4KW 
相・電圧:単相100V 50HZ 
全揚程:9.3m 
吐出し量:0.08m3/min 
始動方式:コンデンサ運転 
重量:7.2kg 
異物通過径:10mm 

鶴見 水中ポンプ 50TMA2.4Sを買取ました

鶴見の海水対応のチタン水中ポンプを買取ました。
大阪市此花区の水道工事屋からの工具の買取です。
工事用として多数の工具を購入したのはいいけどそのまま使わずに倉庫に放置されていたものを買取させていただきました。
ほっといても使う用事がおそらくないだろうからとエスクラインに工具の買取依頼をいただきました。

社長にえらく気に入っていただき
「またいらん工具でてきたら兄ちゃんとこに買取だすわっ!!」
と言っていただけました。
こういうことを言われるとなおさら張り切って高額査定で買取してしまいますね( *´艸`)

ところでその社長さんからお伺いしたんですが、配管の水漏れなど簡単な作業での修理に宣伝をたくさんされている大手で依頼されたことはないでしょうか?
社名までは言えませんが、儲け至上主義で不要な工事や手抜き工事が横行しているところもあるそうです。
今回依頼いただいた社長は市にも登録している技術力の高い会社さんです。
知名度の高い会社の手抜き工事でかえってダメージが増した後処理も結構回ってくるそうです。
中には素人丸出しの工事の尻拭いもあるそうですよ。
見た目が華やかでも怪しいところは結構あると思います。
エスクラインの工具買取方針は見た目やええカッコしいのためにお金は使いません。
徹底してコストカットしていますので工具の高価買取が可能なんですよ。
工具の買取のことなら是非エスクラインにお任せくださいね。

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

1.水中ポンプについて

水中ポンプとは建設現場などの土砂混入水の移送などに使用する水をくみ上げ排出するする工具になります。
用途に応じた種類があり、一般的な工場や工事現場で発生した水の移送に関しては工事排水用を使用し、汚泥が含まれるが固形物が含まれていない水の移送に関しては汚水用のポンプを使用します。

2.水中ポンプのメーカーについて

水中ポンプのメーカーですがもっともメジャーなのは鶴見製作所ではないでしょうか。
また荏原や寺田ポンプ 、川本製作所 、リョービなどからも発売されています。
それぞれ汚水や清水、工事排水用、海水対応品などが発売されています。

3.使用時における注意点

お使いになる時には感電の恐れがあるため濡れた手で電源コンセントやケーブルには触れないようにしましょう。
また電源ケーブルも動作前に傷や被覆の破れがないかよく確認してください。
被覆が破れた状態で使うと感電事故につながります。
使用方法としては電源を入れるだけの簡単な工具が多いですが感電事故の発生が高い工具ですので十分に注意してお使いください。
電源起動時においては水が一番多い場所に据え付けて使用をします。
水が少なかったり地盤が沈下している場所や汚泥や土砂などの汚泥を吸い込むと寿命が短くなりますので注意が必要です。
また水中というくらいですので空気中では運転してはいけません。
空気中で使用した場合、オーバーヒートの原因になり最悪故障をしてしまいます。
また定格稼働時間があります。
銘板に記載されているものが多いと思いますので稼動時間内での使用を心がけましょう。
寿命を縮める原因になりますので。。。
長期にわたって使い続けるには応じた使い方をしないと故障の原因となりますので泥などには汚泥用、工事現場から出た排水には工事排水用といった具合に役割に応じた工具を使用してください。


フライス盤を買取ました 大阪府岸和田市からの買取です

フライス盤など工具買取はお任せください。大きな工具も出張買取なので楽ちんです。
工具名:ミニフライス盤 XJ9512 小型フライス盤 AC100V 
電源電圧 単相AC100V 
周波数50/60Hz 

フライス盤を買取ました 大阪府岸和田市からの買取です

外国メーカーのフライス盤という工具を買取ましたよ。
小型とは言えども60kgくらいはあったでしょうか?
工具買取後の運び出しも大変でした。
台車で運べるところならよかったのですがあいにく買取現場は外壁塗装の工事中・・・
台車が使えなかったので必死のパッチで一人で運びました。
さてこんな大きな工具、買取してほしいんだけどどうしたらいいかな??
というご質問をよくいただきます。
ここまで大きな工具の買取ではなくても金鎚やハンマ類なども結構重いものです。

そんな時は工具専門のエスクラインにお任せください!!
店頭まで持ってこないと工具は買取できません…とか面倒なことは言いません。
エスクラインの工具買取は出張買取専門です。
電話やLINEでご依頼いただき、工具の出張買取の打ち合わせをすればあとは全部当店が請け負います。
工具の査定はもちろん搬出まですべて当店のスタッフが行うのでらくちんな買取が可能ですよ。
工具のことなら是非エスクラインにお任せくださいね。

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

1.卓上小型フライス盤の概要

工場や工業学校でも非常に馴染みのある工作機械の一つがフライス盤ではないでしょうか?
私は、工業大学を卒業しているのですが、やはり実習等で使用しておりました汎用フライス盤につきましては、これまでの工作機械全般に関する経験の中でも非常に扱い易いと言った印象があります。
アルミを切削する場合や鋼を切削する機械ですが、R加工であったり、縦方向の切削や横方向の切削などができます。
各種鋼材や材料に応じて、送り方向となる切削速度を計算して、その切削速度で切削して行くと言う楽しさがあります。
被工作物を切削している際におきましても、削り方や材料の飛散状況が非常に面白く研究対象となったりすることもあります。

2.メーカーなどについて

メーカーとしましてはプロクソンが値段的にも能力的にもいいのではないかと思います。
またホーザンや東洋アソシエイツやサンケン等のメーカーもあります。
日曜大工やホヒ゛ーユースなら値段重視で選ぶのもいいとは思いますが、精度が要求される加工を行う場合はやはり信頼されるメーカーのものが安心して作業もできると思います。

 

3.大まかな使い方や作業における注意点

やはり危険な個所としてはチャック付近の回転している部分になります。
特に注意したいのは手袋を装着しての作業は厳禁であると言うことです。
ドリルなどの作業も同じですが回転工具はブレーキ付きであってもすぐに止まってくれないこともあります。
手袋が引っかかって巻き付くと大けがにつながりますよ。
また女性に限らず男性もですが長髪の人は帽子の中に紙を入れておくようにしてください。
髪の毛の巻き付きも非常に危険なことになりますよ。


PBの六角レンチ(手工具)たくさん買取ました

PB,六角レンチ,買取

PBの六角レンチ(手工具)たくさん買取ました

PBの六角レンチと言う中古工具を多数買取ました。
大阪府泉佐野市の工場からの工具の買取です。
傷がついたり錆びたりボールポイントが折れると工具の買取価格が下落し易いですが非常にきれいな工具ばかりでした。
他にもたくさんの中古工具を買取させていただきましたよ。
スーパーツールのギアプーラーやドリル、溶接機なんかの工具も買取しましたがたくさんの従業員さんがいらっしゃったのにいずれもキレイな中古工具で社員教育のしっかりされた会社だと感じました。
この工具はKTC、TONE、エイト、PB等が有名ですね。
さて使用に際してはしっかりと奥まで差し込まず回したり、100均などの精度の悪い工具を使ったりするとすぐに穴が潰れてしまうので注意が必要です。
しかしながらKTC、TONE、エイト、PB等でしたら精度も高く安心して使えます。
さてエスクラインでは六角レンチなどの中古工具の買取もしています。
もちろんその他の手工具ハンドツールも買取っています!!

工具の買取・お見積もりのご依頼受付中です。
どんどんお電話下さいね♪

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

エスクラインの工具買取実績はここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 

六角レンチの使用で絶対にしてはいけないこと

六角レンチにパイプを被せて長さを稼ぎレンチを回している人がいますがあまりしないほうが良いと思います。
その理由は普通に自分の手の力を使用して回す事を前提に作られていて、それ以上の力を掛けて回すと工具が折れてしまう可能性が上がるからです。
その工具に見合ったトルクで六角ボルトを締め上げるとねじ山とレンチを傷める心配はありません。
六角レンチの先端には種類があり、ボールポイントタイプの先端のレンチだと斜めからでも締め上げることができ大変便利です。
ただし斜めの状態でも六角ボルトは回せますがねじがなめやすい(潰れやすい)ので作業はなるべく直角になるようにして作業しましょう。
しかしストレートタイプのほうがしっかりとした締め付けができるので状況に応じて工具の選定が大事になってきます。

六角レンチのメンテナンスと保存

六角レンチの保管は収納ケースに入れ保存するのが望ましいです。
ばらばらの状態だと紛失の元になってしまいます。
また保管時には油分がつかないように注意してください。
工具に油が付着すると空回りの原因となりますので注意してしてください。
メンテナンスについては特にたいしたことはありませんがはないのですが手汗が付いているとどうしても錆びやすくなります。
錆びない金属の場合は底までシビアになる必要なないかもしれませんが鉄製の工具なら汗はパーツクリーナーやアルコールで脱脂して保管することをおすすめします。


泉精機 電動油圧式工具 REC-60G を買取ました

泉,圧着工具,買取
【電動油圧式工具】
メーカー:泉精機
名称/型番:電動油圧式工具 REC-60G 
能力(mm[[の2乗]]):14~60
出力(kN):54
セット内容:バッテリー、充電器:CH-3MH、ダイス:14~60mm、ケース

泉精機 電動油圧式工具 REC-60G を買取ました。

先日買取した泉精機の電動圧着工具です。
エスクラインでは泉精機の工具は手動・電動問わず高価買取していますよ。
全体の工具買取の中でのこのジャンルは10%くらいでしょうか?
ワイヤストリッパやかしめ系など電設に使う道具もたくさん買取していますよ。
たまにお伺いするのは
「手に持って使う工具は買取できひんと言われた・・・」
というお声です。
やっぱり買取店によって得意分野と不得意分野があるのも事実です。
もし工具の買取で困ったことがあればエスクラインにお電話することをおすすめします。
ほとんどの工具・道具は高額査定で買取が可能ですよ。
買取・お見積もりのご依頼受付中です。
どんどんお電話下さいね♪
買取は迅速・高額査定が自慢です!!

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

油圧式圧着工具を使う時のコツや手入れ方法

今回は油圧式圧着工具を使う時のコツや手入れ方法などの役立つ情報を書いていきたいと思います。
まず油圧式圧着工具というのは、電気工事などに使われる道具の一つで端子と電線に圧力をかけて接続する工具のことです。
動作方法については油圧タイプと手動タイプの2種が大きく分けて存在します。
作業現場では、断面積の多い電線が多く使われており、サイズの大きい丸型端子やY型端子などが使用されているため油圧を利用した工具が用いられています。
油圧式圧着工具を使う上でのメリットは、はんだ付けによる方法と比べて施工時間が短くでき作業の方は電気工事士の資格が必要になります。
ヘッド部分が180度回転することでヘッドの位置の調整がスムーズにできるようになります。
油圧ポンプの内臓型で手動で作動させることにより圧力を得るという構造になっているのが特徴です。
メンテナンスは年に一度整備を行うと安全に作業することができ、故障が少なくて済むのでぜひ参考にしていただきたいです。
手入れに関しては、特に握り部は綺麗な状態を保つようにするため乾いたタオルなどで拭いておくといいです。
油やグリースが付着しないようにしてください。
そして使う時のコツは操作するハンドルを上にし、反対側のハンドルを下にして起こした状態で油圧式圧着工具を使用すると作業しやすいです。
片手でハンドルを操作して圧着端子をダイス部に仮止めした後は、端子が変形しない程度にダイス部から抜けない程度に固定します。
実際に使用する上で要チェックしたほうがいいポイントを上げると、用途に合わせて手動式か電動式かを確認すること。
それから圧着端子の種類を確認するようにしてください。
JIS規格品とそうでないものがあるので専用工具が必要になる場合があります。
それから圧着端子の電線サイズを確認してみること。
油圧式圧着工具と言ってもその種類はさまざまなので、あらかじめ確認しておくことが大切です。


デンヨー アーク溶接機 ACD-130Sを買取ました

デンヨー,買取,大阪

メーカー:デンヨー DENYO
工具名:エンジン駆動アーク溶接機 ポーター130 ACD-130S

デンヨー アーク溶接機 ACD-130Sを買取ました

デンヨーのウェルダー・溶接機等の工具の買取はお任せ下さい。
古い工具の買取実績も豊富です。
画像の工具はおそらくは30年以上前の工具と思われますが1万円で買取させていただきましたよ。
当店独自の販売ネットワークがあるからこその工具の高価買取査定~買取が実現できていますよ。
多数の工具買取の実績に裏打ちされた買取には自信があります♪
中古工具買取のお見積もりのご依頼受付中です。
「見積もりだけで売るかどうかはわからへんねんけど・・・」
と言う場合でもご安心ください。
もちろん工具の中古相場が知りたいだけのお電話でも大歓迎ですよ。
電話でお手持ちの中古工具の買取査定を聞くのはもちろん出張費も完全無料なのでどんどんお電話下さいね♪
もちろんLINE・Eメールでのお問い合わせも大歓迎ですよ。

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

アーク溶接機について

溶接機というと一般的なイメージとして使用がとても難しそうなイメージがあります。
しかしどんな工具でもそうなのですが、事前にしっかりと説明書を読んで準備をし正しく使うことで、それほど難しいということはありません。
アーク溶接機を使用の前には、事前にしっかりと説明書を読み必要物を準備してから作業を行う必要があります。
準備するものとしては本体以外だと遮光面(保護めがね)、耐熱用革手袋などを準備しておくことが必要となります。

使用方法の手順としてはまず、接合する面に汚れなどあればヤスリやワイヤブラシなどで除去する必要があります。
そうしないと接合がキレイにできません。
次に本体の電源を接続し準備をします。
接合する部分の錆などもきちんと除去しておきましょう。
そしてホルダーを利き手に持ち、溶接を行います。
右利きなら左から右へと動かしていきますが、アークスタートという形で、電気火花が出るようになります。
次に使用する時間についてですが本体や説明書には使用率が例えば40%などと%記載されています。
定格使用電流で作業した場合、(10分周期で)4分使用可能し、6分は休ませましょうと言う意味です。
そうすることによって、故障を防ぐことができるので説明書きをよく確認し注意して使用しましょう。
アーク溶接機は、入力電流が高いということもあり専用の電源が必要です。
電圧が低いと仕上がりがキレイにできないなどの不具合が発生します。 
アーク溶接を行う際には、資格や免許は特に必要がありませんが、溶接作業で目を傷めることもありますので注意が必要となります。
アーク溶接で接合ができるのは主に一般の鉄である、軟鋼・鋳鉄(鋳物)・ステンレスの3種類になります。
文字にすると簡易かと思いますが資格事態は不要であってもキレイにするには熟練レベルも必要です。
手の空いた時間で練習するなど技術アップのための練習をすることで良い仕事ができるように努力してくださいね。


カテゴリー

工具の選び方

買取実績

店長の日記

キャンペーン情報

 

◆◇◆ 会社概要 ◆◇◆

【 ショップ名 】
リサイクル・工具・家電買取
エスクライン 大阪買取支店
大阪府大阪市此花区
朝日2丁目18番8号3F-415
※店頭買取は行っていませ
ん。出張専門買取店です。


【 電話番号 】
0120-933-689

【 メールアドレス 】
info@otakara-kaitori.net

【 大阪買取支店google 】
工具買取 エスクライン
大阪支店


【 古物営業許可証 】
第631400900022号
兵庫県公安委員会

プライバシーポリシー

QUOカードプレゼント中!!


ただいまQUOカードプレゼント中!!
詳しくはキャンペーンのご案内から
ご確認ください。

タグクラウド

お役立ち情報

買取情報【工具】

facebook

google+


エスクライン大阪店

エスクライン大阪店のgoogleマイビジネス

トップページ 買取品目 買取手順 Q&A 出張範囲 会社概要 お問合せ 保護者同意書  
買取実績 高く売るコツ キャンペーン 大阪で工具を売るなら プライバシーポリシー