工具買取エスクラインの教える鋸(ノコギリ)の選び方

工具の選び方

工具買取エスクラインの教える鋸(ノコギリ)の選び方

エスクラインの教える鋸の選び方

工具買取エスクラインの教える鋸(ノコギリ)の選び方

建築現場では、のこぎり等の工具・道具を使用する場面も多いです。
最近の建築現場では、電動式の工具を使って、作業が行われていることが多いと思います。
しかし作業の内容によっては、電動式では面倒だと感じられる事もあるのです。
わざわざ電動式の工具を使用するまでもなく、のこぎりでも十分にカットできる作業も多いと思います・
ですから現場では、やはりのこぎりがある方が便利です。
ここでは日曜大工でのこぎりを使う場合や丸のこやセーバーソーをメインに使って手鋸をその補助として使っている方向けののこぎり選びのポイントをお教えします。

そののこぎりを選ぶポイントは、主に2つあります。
まず1つ目は、挽きが良いサイズであるか否かです。
のこぎりでカットしていますと、たまに動かしづらく感じられる事が発生します。
何かがつっかえている感覚があり、スムーズにカットできない事もあるのです。
しかし、それものこぎりのサイズに左右されます。刃渡りなどは、のこぎり選びの基準の1つになるでしょう。
基本的には刃渡りが250ミリ程度の製品を選んでおくのが、一番無難です。
それ以外のサイズですと、挽きが悪く感じられる事もあります。
ただし大きな物をカットしたい時には、250ミリ程度では小さいと感じられる事もあるでしょう。
しかし刃渡り265ミリぐらいなら、スムーズに挽ける傾向はあります。
ですから刃渡り250か265ぐらいののこぎりを選んでおくのが、最も無難です。

もう1つポイントがあります。
メンテナンス不要な鋸であるか否かです。
鋸を長い間使用していれば、やはり劣化してきます。
物には耐用年数があるので、どこかのタイミングで刃の状態が微妙になる事もあります。
微妙になれば、作業にも支障が生じてしまうでしょう。
それを防ぐ為に、しばしば鋸のお手入れが行われているのです。
しかし頻度多くメンテナンスを行うのも、やはり大変です。

ところで鋸と言っても、様々な種類があります。中には刃を交換できるタイプもあるのです。
カッターナイフをイメージすると、分かりやすいです。
日常生活でよく使用するカッターナイフは、替え刃式になっているでしょう。
時には刃が欠けてしまう事はありますが、他の刃に交換してあげれば、引き続きカッターを使い続けられるのです。
しかし交換不可能なカッターナイフですと、やはりメンテナンスする必要があるでしょう。
もしくは買い替えが必要になってしまいます。
鋸にも、同じ事が言えるのです。
随時刃を交換できるタイプなら、わざわざメンテナンスを行う必要もありません。
ですから替え刃式であるか否かは、製品選びの基準の1つになるでしょう。
また替え刃式は、スペアの刃も頑丈な造りになっているのです。
長期間に渡って使い続ける為にも、替え刃式を選んでおくと良いでしょう。

 

鋸選びのポイント

1.挽き目のサイズ
2.メンテナンスについて

以上を注意して鋸を選んでくださいね。
使いこなせばとても便利な工具です。


買い換えて不要になった鋸はエスクラインが高価買取しますよ。

工具買取エスクラインでは関西を中心に工具を専門で高価買取するリサイクルショップです。
信州や三木など良い工具の産地のものはばんばん高価買取しています。
高価買取の秘密はなんと言っても小規模経営ならではの徹底したコストカットです。
人件費やかっこいい店舗は買取価格には百害あって一利なしです。
質実剛健な経営でコストカットした分は買取価格に反映されています。
また出張費ももちろんご無用です。
買取をご依頼されたお客様に不用な費用の負担は一切かけさせません。
悪質業者だとトラックに積み込んでから買取ではなく高額な作業料などを請求される場合もあります。
その点、エスクラインなら現金は査定に納得いただいたお客様に工具の買取時にお支払いいたします。
工具の代金を払わずに車両に積み込んだりは絶対にしません。
その点でもエスクラインならご安心いただけると思います。

不用な工具はどんどんエスクラインに売ってください。
大阪はもちろん関西一円無料出張で買い取ります!!

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 


工具買取エスクラインの教えるドリルの選び方

ドリルの買取はエスクライン

工具買取エスクラインの教えるドリルの選び方

建築作業で使用する電動ドリルは、良い物を選んでおきたいものです。
また日曜大工で使う場合も予算の問題もありますが選ぶポイントとしては同じです。

主に3つの点に着目して、工具を選んでみると良いでしょう。
電動ドリルは、もちろん性能はそれぞれ異なります。
回転数に関する違いもありますし、穴の大きさに関する違いもあるのです。
それが具体的にどういう性能なのかを比較して、最適な工具を選ぶと良いでしょう。
まず1点目は、ドリルによって開けられる穴の直径です。
電動ドリルは、よく穴を開ける為に使われます。何かを固定する為に、特定の部材に穴を開けたくなる事もあるでしょう。
それでドリルで開けられる大きさは、それぞれ異なるのです。
大きな穴を開けられる製品もあれば、その逆もあります。

ところで事務所など手に触れずに選ぶ選ぶ際には、カタログにも目を通す事になるでしょう。
カタログには、必ず製品の性能が明記されているのです。
電動ドリルの場合は、「穴径」という表記があります。
その道具で開けられる大きさが、数字で表現されているのです。
各製品の数字を比較して、選んでみると良いでしょう。

他にもあります。
ドリルの回転数です。
min-1という数字も、製品選びの基準になります。
min-1は、1分間あたりに回転する数の事です。
数字が大きいほど、回転数も多い事になります。
それで回転数は、多ければ良い訳でもありません。
大きさに合わせて、最適な回転数の製品を選ぶ必要があります。
基本的には、大きな穴を開けたい時には、回転数は少ない製品を選ぶ方が良いでしょう。
大きな穴を開ける時に、回転数が多い製品を使ってしまいますと、滑りやすくなるのです。
それで傷が付いてしまい、肝心の穴を開けられなくなってしまう事があります。
逆に小さい穴を開けたい時は、回転数が多い製品でも問題ありません。
ですから自分にとって最適な電動ドリルは、穴の大きさ次第なのです。

また電源コードの付いたAC100V仕様か?充電式かもポイントです。
AC100Vの方が回転も強いですが充電式は取り回しのよさが魅力です。
それと、バッテリーも軽視できません。もちろん電動の理由は、電力で動くのです。
バッテリーの電力で作業を行う訳ですが、問題はスピアがあるか否かです。
もしもバッテリーが1つだけですと、作業の途中に電源を確保できなくなってしまいます。
しかし2つあれば、作業をしている間に、スペアのバッテリーに充電できる訳です。
基本的には、最初からバッテリーが2個セットになっている製品がおすすめです。
このように電動ドリルを選ぶポイントは、複数あります。
結局は工具の性能に関する数字と、バッテリーを基準にして、製品を選ぶ事になるでしょう。

ドリル選びのポイント

1.メーカー
2.適合する穴あけ寸法
3.回転数
4.給電方式

以上を注意して丸のこを選んでくださいね。
使いこなせばとても便利な電動工具です。


買い換えて不要になったドリルはエスクラインが高価買取しますよ。

そんな道具や電動工具は是非エスクラインに買取依頼してください。
工具を放置していてももったいないだけです。
「工具の買取ゆうても二束三文ちゃうのん?」
と思われるかもしれません。
確かに新品購入価格で比較すると買取価格は安くなってしまいます。
しかし捨てたら産業廃棄物となり逆に処分料金がかかるので買取に出したほうがはるかに得するんですよ。
しかもエスクラインの工具買取は高額査定が連発する高価買取が自慢なんです。
買い取り範囲は関西全域無料出張で買取いたします。
(ただし遠方は買い取り金額により要相談)
近隣と氏なら即日出張で工具を買い取り現金化も可能ですよ。

不用な工具はどんどんエスクラインに売ってください。
大阪はもちろん関西一円無料出張で買い取ります!!
小規模経営ならではの軽快なフットワークであなたの工具を高く買取できるのがエスクラインです。

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 


工具買取エスクラインの教える丸のこの選び方

丸のこの選び方

工具買取エスクラインの教える丸のこの選び方

大工さんや建築業では、マルノコという道具をよく使用する事になります。
マルノコを選ぶポイントは、主に2つあります。
1つ目は、刃のサイズが適正であるか否かです。マルノコと言っても、刃の直径は色々あります。
147や165mmなど、様々なタイプがあるのは間違いありません。もちろん、それぞれ成分も異なる訳です。
最適なマルノコは、やはり165mm前後になります。
その他にも様々な直径はありますが、基本的にその6型と呼ばれる直径の工具を選んでおけば、無難なのです。
それだけではありません。マルノコは、それぞれ機能も異なるのです。
多彩な機能が完備されている製品もあれば、必要最小限な機能に限定されている製品など、とても多彩です。
どの機能が完備されている工具を選ぶべきかは、作業内容に左右されます。
自分が実行しようと考えている作業にマッチする工具を、選んでおく方が良いでしょう。
またマルノコという道具は、様々なメーカーによって提供されているのです。そのメーカー選びなども、1つの基準になります。
ところで各メーカーは、それぞれ知名度なども異なるのです。
基本的には、トップブランドのメーカーを選んでおけば、無難に作業できる傾向はあります。
実例としましてはマキタ、日立、リョービが有名です。
利用頻度も多いだけに、有名メーカーの電動工具ならば、総じて無難に作業できるからです。
その他にも、重量の問題があります。マルノコという道具は、重さも色々あるのです。
3.1kgの製品もあれば、2kg台の製品など多彩です。
それでマルノコの重量は、作業の負担にも大きく関わってきます。
やはり重たい製品ですと、腕に対する負担も大きくなってしまうのです。
逆に軽い製品ならば、腕に対する負担も軽減される傾向はあります。
丸ノコは、100グラムほど重量が軽くなるだけでも、随分と作業の負担も変わってきます。
軽くて取り扱いやすい製品か否かも、選ぶ基準の1つになるでしょう。
そして一番大切なポイントは、やはり価格です。
確かに性能が優れている製品も、数多く見られます。しかし、予算の問題も軽視できないのです。
いくら性能が優れた製品でも、購入費用が高く付いてしまっては、手が出せません。
自分にとって最適な費用であるかどうかも、丸ノコ選びの基準になります。
このように丸ノコという製品を選ぶ基準は、複数あるのです。
結局は費用と性能のバランスを考慮して、製品を選んでいく事になるでしょう。
費用対効果が優れている製品かどうかをよく見極めて、最適な丸ノコを選ぶようにしたいものです。

丸のこ選びのポイント

1.メーカー
2.刃のサイズ
3.重量

以上を注意して丸のこを選んでくださいね。
使いこなせばとても便利な電動工具です。


買い換えて不要になったマルノコはエスクラインが高価買取しますよ。

そんな丸のこや電動工具は是非エスクラインに買取依頼してください。
放置していてももったいないだけです。
不用な工具はどんどんエスクラインに売ってください。
大阪はもちろん関西一円無料出張で買い取ります!!

さて工具の買取をしていてたまにお伺いするのは工具の盗難です。
買取に出そうと車の助手席に置いていたらガラスを割られて工具が盗まれていた!!
などという被害をたまにお伺いします。
工具買取予定日の朝に倉庫ごと被害にあった方もいらっしゃいました。
工具を取られただけでも金額的な痛手はもちろん気分も悪いです。
さらに車のガラスまで割られたら最悪です。
防止策としましてはやっぱり工具が直接見えないようにすることが大事ですね。
タオルや上着をかけるだけでも高価はあります。
泥棒は高価買取してもらいやすいものはリスクを犯して盗もうとしますが、なんだか分からないものをリスクを犯して盗む率が低くなるからです。
さて高価買取が自慢のエスクラインですが、当然ながら盗品は買取できません。
また入手経路が不明な工具も買取できません。
盗品流通の防止に勤める健全な買取サービスをお客様に提供しています。

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 


工具買取エスクラインの教えるオービタルサンダーの選び方

 

ここではオービタルサンダーの選び方について私なりにまとめてみました。
ご参考にしていただければうれしく思います。
サンダーも買います












 


工具買取エスクラインの教えるオービタルサンダーの選び方

【オービタルサンダーの特徴】
スイッチの入れるとサンディングペーパーをセットしたパッドが、
小さな楕円を描くように振動します。
木材などの研磨・研削に適しています。
手でヤスリがけをするのとは比較にならないくらい作業
効率がUPします。


【オービタルサンダーの選
定アドバイス】
1.メーカーの選定
メーカーは海外も含めると多岐にわたりますが
マキタ、日立工機、リョービ、ボッシュです。
私個人の好みはマキタですが、上記のメーカー
ならほぼ間違いない製品だと思います。


2.機能の確認
集塵機能:
 室内作業に適します。



※メーカーのオービタルサンダーのリンク
マキタのオービタルサンダー
https://www.makita.co.jp/product/ecatalog/tool.html

日立工機のオービタルサンダー
http://www.hitachi-koki.co.jp/powertools/pro/grinder/grinder.html

リョービのオービタルサンダー
http://ptcat.ryobi-group.co.jp/digibook1211/index.html

ボッシュの
オービタルサンダー
http://www.bosch.co.jp/jp/pt/products/category.asp?id=8




~~~~~~オービタルサンダーを売りたい方はこちらまで!!~~~~~~~

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 

サンダーのあれこれ

ワークを研磨したり塗装剥がしなどと色々な用途に活躍する工具が電動サンダーです。 サンダーにはON/OFFスイッチのほかに振動スピードを調整するダイヤルが付いたものもあります。 ホームセンターでは非常にリーズナブルな工具も販売されています。 日曜大工や工作にはそれで十分な能力を持っているのではないかとも思われますが本職の大工さんなどにとっては耐久性や機能で劣ってしまうのでマキタや日立、リョービ、ボッシュなどの有名工具メーカーが安心に繋がるのではないでしょうか?
さてサンダーという工具の使い方についてですが、工具自信が自動で振動しています。
ですのでワークに当てるだけでも多少は削れていきますが効果的に作業するには本体も前後左右に動かしながら作業します。
また当てる力加減は文章では表現しにくいですが力は強すぎず弱すぎずがポイントです。
弱い場合はワークが削れにくいだけでまだマシですが、強すぎると表面がでこぼこしたりときれいに仕上がらないためです。
またモーターに負荷がかかり発熱、早期損傷の元になりますよ。

サンダーなど工具の買取はエスクライン

日曜大工でもよく使うサンダーですが実は日曜大工ではそれほど多く使用しないので意外と倉庫の奥で埃をかぶっていることも多い工具です。
しかしマキタや日立、リョービ、ボッシュなどの有名メーカーの工具だと新品で1万円くらいはしますので放置するのはもったいないですよ。
使わないときはすぐに工具買取エスクラインにお電話くださいね。
LINEやEメールでも大丈夫!
メーカー名や型番が分かればすぐに買取価格の査定ができておすすめです。
状態が悪すぎたり修理部品の供給が停止しているような場合は買取基準に満たない場合もありますが新興やコーナンモデルなどの安いものもほとんどは買取可能です。
不用な道具は早めに買取に出さないとどんどん買取価格は低下します。
特にニューモデルが発売された場合は買取査定も低下してしまう可能性が高くなります。
買取についての疑問や相談がございましたらすぐにエスクラインまでご連絡くださいね。


工具買取エスクラインの教えるブロワーの選び方

ここではブロワーの選び方について私なりにまとめてみました。
ご参考にしていただければうれしく思います。
ブロワー 買取 大阪









 


工具買取エスクラインの教えるブロワーの選び方

【ブロワーの特徴】
ノズルより強力な風を噴出しゴミや屑を吹き飛ばす電動工具。
ノズルを付け替えて吸引に使用も可能。


【ブロワーの選定アドバイス】

1.メーカーの選定
メーカーは海外も含めると多岐にわたりますがマキタ、日立工機、リョービ、ボッシュです。
私はマキタのものを使っていますが、上記のメーカーならほぼ間違いない製品だと思います。


2.機能の確認
まず使用する用途と場所により、風量を確認します。
また屋外使用が多ければ充電式の方が便利です。
AC100Vの方が風力は強いものが多いですが、屋外ではコードが邪魔になってしまいますので。




※メーカーのブロワのリンク
マキタのブロワ
https://www.makita.co.jp/product/ecatalog/tool.html

日立工機のブロワ
http://www.hitachi-koki.co.jp/powertools/pro/blower/blower.html

リョービのブロワ
http://www.ryobi-group.co.jp/projects/powertools/products/item_list.php?ckbnid=4&cid=7&csid=177

ボッシュの
ブロワ
http://www.bosch.co.jp/jp/pt/products/model.asp?id=GBL800E




~~~~~~ブロワーを売りたい方はこちらまで!!~~~~~~~

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 

ブロワーについて

ブロワーという工具はゴミやチリを吹き飛ばして清掃などのときに非常に役に立ちます。
エスクラインの業務用としては100Vのコード式とエンジン式の両方の工具を場合に合わせて併用しています。
エンジン式はコードが絡まったりせずまたパワーもあるので良いのですが、混合油を給油したり時々はキャブレーターを清掃したりとメンテナンスが面倒くさかったりします。
それに対して100Vのコード式はわずらわしいメンテナンスはほとんどないのは良いのですが作業するのにケーブルの範囲内でしかできないのが難点です。
落ち葉を集めたり草刈機作業の後に寄せたりするのはエンジン式のほうが便利ですよね。
屋外作業は電源を確保するのに発電機やウェルダーを用意する必要があるので屋外作業には実質的に適してはいないと思います。
しかし倉庫や駐車場、工場などで作業をするときは100Vのほうが便利だと思います。
作業環境であわせて使って下さいね。
また屋内で使う場合はいっけんキレイになるように見えても埃が舞い散っただけであとで大してキレイにならなかったりと言うこともあります。
集じん機などを併用して作業することがおすすめです。

不用な工具は買取に出してください

使っていない工具はどうされていますか?
エスクラインは工具専門の関西地域密着営業の工具買取店です。
工具は大工さんや工場でしか使わないとお思いかもしれませんが農家さんでもたくさんの工具を使用されます。
例えば椎茸の菌打ちする穴あけに電機ドリルという工具が、、、
草を刈るのに草刈機という工具が、、、
コンバインやトラクターの清掃に高圧洗浄機やコンプレッサ、ブロワなどなど、、、
田植え機や乾燥機などのオーバーホールやメンテナンスで各種手工具が、、、
庭木のお手入れにヘッジトリマが、、、
という具合に色々な道具、工具を使います。

さて最近は実家を離れて都市部に息子夫婦が住んでいるというパターンもよく見かけます。
実家のお父様が農業を継続できなくなりエスクラインに買取を依頼いただくということも良くありますよ。
不用な道具はどんどん買取に出して使わないものは早めに整理することが大切です。
使っていない道具は捨てると言う選択肢もありますが実にもったいない話です。
日本に住んでいると非常に恵まれた社会なのでゴミを捨てるのもタダだと思っている方も多くいらっしゃいます。
しかし実際は農業機械や工場の資産などは捨てるときには産業廃棄物になり捨てるのにも高額の経費がかかるものです。
そんな無駄なお金を払うよりは買取に出すと経費の節減だけでなく、売上アップにも繋がりますよ。
ただしエスクラインの買取はリース中の機会などの買取はできません。
またレンタル品やご本人様の資産でない工具や機械も買い取れません。
あと当たり前ですが盗品も買取できません。
中古工具の不正流通撲滅を推進する安心安全な工具買取サービスがエスクラインです。


工具買取エスクラインのディスクグラインダーの選び方

工具買取エスクラインのディスクグラインダーの選び方

ここではディスクグラインダーという工具の選び方について私なりにまとめてみました。
ご参考にしていただければうれしく思います。
工具 買取 大阪









 


【ディスクグラインダーの特徴】
ディスクを10,000rpm/min以上の高速回転させ加工対象を研磨・切断する電動工具です。
(工具の機種によっては10,000rpm/min未満のものもあります)
ディスクは用途により交換することで、金属や木材の切断やレンガや石の切断・錆落とし・金属や木材の研磨などに使用します。
一般的によく見る切断用の砥石や鏡面出しようのバフ、バリや錆を落とすカップブラシ、ダイヤモンドコンクリートカッター、紙やすり状の物が折り重なった多羽根ディスクなど各メーカーからさまざまな商品が発売されています。
上述したように切断や研磨するワークや目的に合わせたディスクの選定が大事になってきます。

【ディスクグラインダーの選定アドバイス】
1.メーカーの選定
メーカーは海外も含めると多岐にわたりますが
マキタ、日立工機、リョービ、ボッシュです。
私個人の好みは日立工機ですが、上記のメーカー
ならほぼ間違いない製品だと思います。

2.機能の確認
・ブレーキ:
スイッチオフですぐに刃が止まるので安全です。
・電子制御:
負荷がかかったときに回転数を上げたりする制御。
節切りの時などの作業負荷軽減になります。
・集塵機能:
室内作業に適します。


※メーカーのディスクグラインダーのリンク
マキタのディスクグラインダー
http://www.makita.co.jp/product/ecatalog/sougou/index.html#58

日立工機のディスクグラインダー
http://www.hitachi-koki.co.jp/powertools/pro/grinder/grinder.html

リョービのディスクグラインダー
http://ptcat.ryobi-group.co.jp/digibook1211/index.html

ボッシュのディスクグラインダー
http://www.bosch.co.jp/jp/pt/products/category.asp?id=8




~~~~~~ディスクグラインダーを売りたい方はこちらまで!!~~~~~~~

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 

ディスクグラインダなど工具の買取について

使っていない工具を放置していませんか?
工具は実は買取が可能な業者もたくさんあるんですよ。
ただ全てのリサイクルショップで買取ができるのではないので少し注意が必要です。
そんな方はあまりいないかもしれませんが例えば工具を買取してもらうのに着物がたくさんディスプレイしてあるリサイクルショップに買取査定を出しても二束三文にしかならないでしょう。
やっぱり工具を買取に出す場合は専門知識も必要になります。
素人が査定をしようと思ってもチェックポイントも分からず適当な査定になってしまいます。
さてそんなときには是非当店の工具買取サービスをおすすめさせていただきます。
年間数万点以上の工具の買取実績がありまた特殊工具やほぼ市場に流通していない特殊工具の買取も買取が可能な場合が多々あります。
もちろん工具の買取価格も自信あります。
もし査定負けしていたら是非値上げ交渉をおすすめします。
工具の買取は是非エスクラインにお任せくださいね。


工具買取エスクラインの教えるスライド丸ノコの選び方

ここではスライド丸のこの選び方について私なりにまとめてみました。
ご参考にしていただければうれしく思います。
スライドマルノコ 買取 大阪

















 


工具買取エスクラインの教えるスライドマルノコの選び方

【スライド丸のこの特徴】
アームをスライドさせて切断する丸のこです。
制度を求める木材の切断に最適です。
手持ちの丸のこのように手ブレしないので、まっすぐ
きれいに直線切断ができます。
また角度付き切断も正確も可能です。
短所は手持ちの丸のこと比べ設置場所が必要で
あったり取回しが悪いこととなりますが、使用目的に
より使い分けるといいと思います。


【スライド丸のこの選定アドバイス】

1.メーカーの選定
メーカーは海外も含めると多岐にわたりますが
有名なのはマキタ、日立工機です。
私個人の好みはマキタですが、上記のメーカー
ならほぼ間違いない製品だと思います。


2.切断幅の確認
切断幅の大きいものを選べば色々と切断作業が
できて便利ですが保管場所・設置場所もかさばります。
作業スペースなども考慮して選んでください。

3.機能の確認
傾斜切断:
 刃を傾斜させて傾斜カットできる。
角度切断:
 ターンテーブルを回転させて角度切断を行う。
集塵パック:
 切りくずが集塵袋に集まるので室内作業に適します。
電子制御:
 負荷がかかったときに回転数を上げたりする制御。
 節切りの時などの作業負荷軽減になります。
レーザー:
 カットラインにレーザー光を当てて切断しやすくします。
ブレーキ:
 停止時に刃にブレーキがかかりすぐに回転が止まります。


※メーカーのエアー釘打ち機のリンク
マキタのスライド丸ノコ
http://www.makita.co.jp/product/ecatalog/sougou/index.html#58


日立工機のスライド丸ノコ
http://www.hitachi-koki.co.jp/powertools/pro/cutter/cutter.html





~~~~~~スライド丸のこを売りたい方はこちらまで!!~~~~~~~

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 

 

スライドマルノコなど使っていない工具を放置していませんか?

大工さんなど本職の方はスライドマルノコや卓上ソーなど結構大型の工具を結構お持ちの方が多いと思います。
工具買取エスクラインで買取を依頼される方の中には日曜大工なのにスライドマルノコを持っておられる方もいらっしゃいます。
手持ちの丸のこに対して角度切りなどの細かい細工が得意なこの工具ですが、日曜大工ユーザーさんの場合は使用頻度もどうしても少なくなるので倉庫で放置されがちになります。
その工具を奥様に見つかって「邪魔なので早く処分して!!」となって工具買取エスクラインまで相談いただくことが多いんです(´_`。)
日曜大工用として高価な工具を買うときは保管場所や目的も含めて奥様とよく相談してから買ったほうが良いと思います。
工具は新品で買うと決してやすくはありません。
少しでも使うと扱いは中古工具になります。
どうしても新品と比較して同じ価格での買取はできません。
ですのでよく検討して購入することが大事になってきます。
さて、そんなときは率直に「こういう状況なんだけど・・・」とお話ください。
可能な限りの高価買取でお応えさせていただきます。
ただし上記のようなシチュエーションでご主人様の工具を奥様から買取依頼いただくこともあります。
こういう場合は買取ができません。
必ず所有者様本人からの買取依頼が中古工具の買取の条件になりますのでご注意ください。


工具買取エスクラインの教えるジグソーの選び方

ここではジグソーの選び方について私なりにまとめてみました。
ご参考にしていただければうれしく思います。

ジグソー 買取 大阪

ジグソー 買取 大阪


工具買取エスクラインの教えるジグソーの選び方

【ジグソウの特徴】
刃を上下させて切断する電動のこぎりです。
直線カット・曲線カット・窓抜きカットができます。
刃種の変更で木材から金属まで加工可能です。
葉を上下させて切断する構造であるため丸のこのような刃が回る工具よりは安全?にカットできます。
また丸のこは曲線切りには適しませんがジグソウなら容易に曲線切りができます。
しかし曲線切りが容易ということは直線が苦手ということにもなります。直線切りの治具を装着すれば可能ですが直線切りは丸のこに譲ったほうがいいでしょう。
また構造上丸のこと比較して加工速度は遅くなります。


【ジグソーの選定アドバイス】

1.メーカーの選定
メーカーは海外も含めると多岐にわたりますがマキタ、日立工機、リョービ、ボッシュです。
私個人の好みはマキタですが、上記のメーカーならほぼ間違いない製品だと思います。


2.機能の確認
傾斜切断:
 刃を傾斜させて傾斜カットできる。
スピード調整:
 曲面切りのときはゆっくり切断したほうがきれいに
 カットできます。
オービタル:
 
刃の上下動作に加え、前後にも楕円を描くように動く機能。
 加工速度が若干速くなります。
電子制御:
 負荷がかかったときに回転数を上げたりする制御。
 節切りの時などの作業負荷軽減になります。
集塵機能:
 室内作業に適します。



※メーカーのジグソーのリンク
マキタのジグソウ
http://www.makita.co.jp/product/ecatalog/sougou/index.html#58


日立工機のジグソウ
http://www.hitachi-koki.co.jp/powertools/pro/cutter/cutter.html

リョービのジグソウ
http://ptcat.ryobi-group.co.jp/digibook1211/index.html

ボッシュのジグソウ

http://www.bosch.co.jp/jp/pt/products/category.asp?id=10




~~~~~~ジグソウを売りたい方はこちらまで!!~~~~~~~

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 

ジグソーについてのコラム

ジグソーパズルを子どものときにやったことがあり方は多いのではないかと思います。
元々は木板をジグソー(糸鋸)で切って作ったパズルだからジグソーパズルって言うんですよ。
少し話は工具から反れてしまいましたがジグソーは薄い板を曲面に切るのが得意です。
逆にまっすぐ切るのは丸のこのほうが適した工具になります。
代引き女作業にも適した工具がありますので作業前の工具の選定が大事ですね。
しかし安全性で考えると丸のこのほうが危ないかもしれません。
ジグソーは刃が当たっても力が加わらないと大怪我にもならないとは思いますが、丸のこは回転部に力が加わっていなかっても大怪我になります。
工具を使う作業は十分に注意して行なってくださいね。

さて、そんな便利な電動工具ですが保管場所も結構かかってしまいます。
工具買取エスクラインでもある私は3児の父でもあります。
PTAなどを通して保管場所がないから妻に愚痴られて・・・
というご相談をよく受けます。
やっぱりどこの家庭でも同じなんですね。
本職の形なら必要な道具は奥様の苦情も少ないとは思いますが日曜大工では立場も少し弱くなるのではないかと思います。
さて工具買取エスクラインでは知人からも買取以来をちょくちょくいただきますが、やっぱり買取依頼が多いのは本職の大工さんやj工場オーナー様になります。
次いで多いのは日曜大工の方です。
日曜大工で使っていた工具でも高価買取していますよ。
ただ査定価格が怪しいのは外国メーカーのものは買取査定が厳しかったりします。
もりろんSnap-OnやMacToolなどブランド物のことではなくメイドインチャイナなどの廉価版の商品です。
有名ブランドのものはもちろん超高額買取していますよ。
工具買取の事ならエスクラインが絶対におすすめです。


工具買取エスクラインの教えるコンプレッサーの選び方

 

 

ここではエアーツール(釘打ちなど)などで使用する
コンプレッサーの選び方について私なりにまとめてみました。
ご参考にしていただければうれしく思います。

工具 買取 大阪




工具買取エスクラインの教えるコンプレッサーの選び方

【コンプレッサーの選定アドバイス】
1.メーカーの選定
メーカーは海外も含めると多岐にわたりますが
有名なのはマックス、マキタ、日立工機です。
私個人の好みはマックスですが、上記のメーカー
ならほぼ間違いない製品だと思います。


2.常圧と高圧を確認する
コンプレッサーには高圧と常圧があります。
現在では高圧用が主流になってきていますが、
古いコンプレッサーだと常圧のものが多いです。
新品を購入する場合は、高圧用がおススメめです。
高圧用なら、常圧用と高圧用の両方利用できます。

3.動作音と重量を確認する。
騒音レベルをまずは確認しましょう。
うるさすぎるものは町中の作業のときは苦情が出る
こともあります。一般的には高圧のほうが静かで
重量も軽いです。
高圧は60db以下のものもありまた重量も半分くらいの
ものもあります。

※メーカーのコンプレッサーのリンク
マックスのコンプレッサー
http://wis.max-ltd.co.jp/kikouhin/product_middle_category.html?middle_key=07

マキタのコンプレッサー
http://www.makita.co.jp/product/ea_kougu_series/index.html

日立工機のコンプレッサー
http://www.hitachi-koki.co.jp/powertools/pro/air/air.html




~~~~~~コンプレッサーを売りたい方はこちらまで!!~~~~~~~

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 

コンプレッサのコラム

コンプレッサって大工さん以外にも結構お持ちの方もいらっしゃいます。
工場や牧場、農家さんなどの事業や家業としてお使いの方も多いですがカーメンテナンスでインパクトレンチやエアリフトを使用するのにお使いの方もいらっしゃると思います。
コンプレッサは大工さんなどが釘打ちに使用するようなタイプから、リフトや産業機械に用いる産業用、一般家庭用とさまざまな工具のタイプがあります。
もちろんなことですが使用する工具や機器の使用圧力や使用空気量を見てコンプレッサを選定して下さいね。
上部画像のコンプレッサは大工さんが釘打ちなどで使う工具です。
大工さんは現場から現場へ移動することが多いので持ち運びし易いよう軽量に設計されています。
ということはエアタンクも容量が小さくなりますので農業などでのエアブローでの掃除などには適していません。
高価な工具を買っても目的と用途が間違っていると時間がかかるばっかりで効果はイマイチになりますよ。

さてエスクラインの工具買取で時々あるのは間違って工具を買ってしまったので買取して欲しいと言うご依頼です。
・上述したようにコンプレッサを間違って買ったので買取して欲しい・・・
・高圧釘打ちを買ったつもりが常圧だったので買取して欲しい・・・
・丸のこを買ったが使いにくいので買取して欲しい・・・
・関西地域在住なのに50HZの電動工具を買ってしまったので買取して欲しい・・・
などが間違って購入してしまったときに依頼いただく代表的な例です。
おそらく店頭で購入されたら買い間違いは発生していなかったのではないかと思います。
こういう間違った購入での買取での共通原因はネットで購入されたことです。
ネットで購入するときもおそらく細かい情報が記載されているとは思うのですが字が小さかったりで細かい内容がチェックできていなかったんだと思います。
皆様もネットで買う場合は十分にご注意くださいね。

さて間違って買ってしまった工具、いつまでも悩んでいても意味がありません。
そういう時はすぐにエスクラインまでご連絡ください。
未使用品に関しては需要も多く特に高価買取が実現し易いです。
放置しても古くなるばかりでどんどんと市場価値は下がってしまいます。
お客様に寄り添った買取がエスクラインの自慢ですよ。


工具買取エスクラインの教えるエアー釘打ち機の選び方

ここではコンプレッサーに接続して使用する
エアー釘打ち機の選び方について私なりにまとめてみました。
ご参考にしていただければうれしく思います。

釘打ち 買取 大阪


工具買取エスクラインの教えるエアー釘打ち機の選び方

【エアー釘打ち機の選定アドバイス】
1.メーカーの選定
工具のメーカーと言うのはもちろん国産だけではもちろんありません。
海外も含めると非常に多岐にわたりますが有名なのはマックス、マキタ、日立工機です。
私個人の好みはマックスですが、マキタや日立など上記のメーカーならほぼ間違いない製品だと思います。


2.常圧と高圧を確認する
この工具には高圧用と常圧用があります。
釘打ち機はまだまだ高価な工具ではありますので一般家庭など日曜大工にはあまり使いません。
大工さんなど本職の方で現在では高圧用が主流になってきていますが、古いコンプレッサーだと常圧のものが多いです。
ご使用になられるコンプレッサーが常圧か高圧かご確認のうえ、工具の圧も選んでください。
高圧のものは重量も軽く、また使用するエアーホースも細いのでだいぶ軽いです。
新しく買うなら高圧がいいと思います。

3.使用するネイルの長さを選定する
よく使用する65mmのものが無難と思います。
それより長いものだと値段もそれなりに高くなりますし、重さも結構あるので疲れます。
反対に短いものは軽いので30mmくらいのものはあれば便利です。
長いネイルは金槌でもいいと私は思います。

※メーカーのエアー釘打ち機のリンク
マックスのエアー釘打ち
http://wis.max-ltd.co.jp/kikouhin/product_middle_category.html?middle_key=04

マキタの
エアー釘打ち
http://www.makita.co.jp/product/ea_kougu_series/index.html

日立工機の
エアー釘打ち
http://www.hitachi-koki.co.jp/powertools/pro/air/air.html




~~~~~~エアー釘打ち機を買取して欲しい方はこちらまで!!~~~~~~~

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

釘打ち機などの工具買取はエスクラインへ

使っていない釘打ち機を眠らせていませんか?
最近はあまり聞かないかもしれませんが1現場ごとに工具を更新される業者様もいらっしゃいますね。
そんなまだまだ使える工具を放置すると本当にもったいないですよ。
例えば新地のラウンジとかでお酒を飲むとセット料金だけでも3万円くらいになったりしますが工具1台買取に出すだけでもそれくらいの査定になることはよくあります。
そんな工具を買取に出さずに放置されている大工さんが実は本当にたくさんいらっしゃいます。
これが本物の埋蔵金ではないでしょうか?
不用な工具はどんどん買取に出すべきです。
「しかし工具の買取ってめんどくさいんちゃうん?」
とよく言われます。
エスクラインの工具買取は電話かLINEで「ちょっと来てんか。」と伝えるだけでもすぐに駆けつけて工具の査定を行なう迅速さが売りです。
しかも高価買取は関西トップレベルで安心です。
工具の高価買取の秘密は徹底したコストダウンと小規模経営による不要な固定費がかかっていないので工具の買取価格に上乗せできるんです。
工具を買取に出すときは是非エスクラインに連絡くださいね。


カテゴリー

工具の選び方

買取実績

店長の日記

キャンペーン情報

 

◆◇◆ 会社概要 ◆◇◆

【 ショップ名 】
リサイクル・工具・家電買取
エスクライン 大阪買取支店
大阪府大阪市此花区
朝日2丁目18番8号3F-415
※店頭買取は行っていませ
ん。出張専門買取店です。


【 電話番号 】
0120-933-689

【 メールアドレス 】
info@otakara-kaitori.net

【 大阪買取支店google 】
工具買取 エスクライン
大阪支店


【 古物営業許可証 】
第631400900022号
兵庫県公安委員会

QUOカードプレゼント中!!


ただいまQUOカードプレゼント中!!
詳しくはキャンペーンのご案内から
ご確認ください。

タグクラウド

お役立ち情報

買取情報【工具】

facebook

google+


エスクライン大阪店

エスクライン大阪店のgoogleマイビジネス

トップページ 買取品目 買取手順 Q&A 出張範囲 会社概要 お問合せ 保護者同意書  
買取実績 高く売るコツ キャンペーン 大阪で工具を売るなら