卓上小型旋盤を買取ました。(兵庫県宝塚市)

買取実績(兵庫,大阪,神戸,京都など関西全域の買取実績) -3ページ目-

卓上小型旋盤を買取ました。(兵庫県宝塚市)

旋盤などの工具買取もエスクラインにお任せください。重いものも出張にて買取しています。
工具名:ミニ旋盤 CJ0618A 
電源電圧 単相AC100V 
周波数50/60Hz 
出力550W(高出力 クラス最大) 
芯間距離350ミリ(クラス最大) 
ヘッドの振り幅 180mm 
クロススライド 110mm 
主軸スピンドル内径20mm テーパーMT3 
チャック直径 100mm 三爪(非独立型) 
回転速度 「H」「L」モード付 50~100-2500rpm(無段変速) 
クロススライドトラベル 65mm 
トップスライドトラベル 35mm 
ねじピッチ0.5-2.5mm メートルネジ 
芯押し台 テーパーMT2 
刃物台  微動送り0.025mm 
自動送り 正転/逆転 
テーパー削り 複式刃物台の角度調整で可能 
本体寸法W820×D320×H310mm 
本体重量約40kg(梱包後重量約50kg) 

兵庫県宝塚市にて卓上小型旋盤を買取ました。

海外メーカーの工具買取です。
オーナー様は鉄道模型やプラモが趣味の方でご自身でいろいろな素材を加工されたりもされていたそうです。
趣味でここまでの工具に投資されている方は初めて見ました。
外国産工具で国内工具メーカーに比べて安いとはいえそれなりに高価な工具です。
付属品やバイトなども含めるとかなり高額な買取になるので大事にリユースさせていただきます。
さてエスクラインの工具買取の特徴としましては出張買取があげられます。
フライス盤やボール盤など重い工具を買取店舗にもっていこうと思うととっても大変です”(-“”-)”
しかしエスクラインなら出張買取サービスですのでわざわざ重たいものを運ぶ必要なんてないので安心して買取依頼していただけると思います。
対応可能なのはトラックのパワーゲートで上がる範囲くらいになりますがおよそ500kgくらいのものが買取可能工具になります。
500kgくらいといえば大概の工具が買取可能ではないかと思います。
大型工具の買取も是非エスクラインにお任せくださいね。
工具買取のことならエスクラインが絶対におすすめですよ。

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

1.卓上小型旋盤の概要について

金属や木材等の被切削物を回転させ、そこに刃を送り込む事で、切削加工を行う工作機械です。
工作機械の中でも、最もよく利用されている工具で、シャフトなど円柱状の部品を切削により作ることができます。
この機械は鉄工所等に設置されているものは、大型の工作機械ですが、これを小型化して一般方が趣味やDIY用途でも使えるようにしたのが、卓上旋盤と言えます。
卓上旋盤では小物の木材や比較的軟らかい金属の加工に使われ、円柱状の素材の外に溝加工を行ったり、内側を削ってリング形状を作る加工や、ねじ切り加工を施す事が可能です。

2.メーカーなどについて

DIYで利用される木工用は、比較的取り組みやすく価格も低価格なのが一般的で、代表的なものとしてはプロクソン製のNo.28140やSK11製のROKURO YH-200やYH-300がお勧めの機種と言えます。
また金属加工が可能で、精度も工場の機械に肉薄する機械としては、東洋アソシエイツ製の万能精密コンパクト7 B11-4460やコンパクト9 60500やサカイマシンツール製の ML-360等がお勧めです。

3.大まかな使い方や作業における注意点

卓上旋盤を使うには、まず最初に非切削物を回転する側の軸にしっかり固定する必要があります。
非切削物の中心を固定して作業を行う場合には、材料の中心に穴を開ける心立て作業を行い、内側を切削するような場合には、チャックに挟んで固定します。
次に切削加工をする為の刃であるバイトを取り付けます。
加工作業の種類や被切削物の材質に応じて最適なバイトの種類を選択したり、刃のだし具合を変える事が卓上旋盤を上手に使用するためには必要なポイントで、これに慣れるには少し失敗を含めた経験を要するかもしれません。
次に回転側に取り付けられた被切削物を回転させます。
この回転スピードも材料や工具の種類によって決める必要があります。
こうして被切削物を最適速度で回転させると、いよいよ送りハンドルを操作して、被切削物の材料にバイトを切り込ませて切削を行います。
卓上旋盤を使いこなすには、少しノウハウが必要と言えますが、これをマスターすれば、DIYや趣味品の作成の幅が一気に広がったり、部品を購入せずに自作すると言った新たな楽しみを見出す事が可能です。


リードバイスを買取ました(大阪市住吉区)

バイスなど工具買取はお任せください。クランプや手工具の買取も実績豊富おすすめです。
メーカー:トラスコ TRUSCO
名称/型番:リードバイス LV-100
全長(mm):340
質量(kg):13.4
全幅(mm):152
全高(mm):163
口幅×口開×口深(mm) 100×120×74
取付寸法(mm):112

リードバイスを買取ました(大阪市住吉区)

トラスコのリードバイスを買取ましたよ。
ぱっと見ではきれいですがハンドルなど金属部分が少し錆ある状態です。
しかし非常にきれいでいい工具の買取ができました。
今回買取した工具は錆あるものの非常にきれいでした。
万力関連は大体鉄工所さんからの買取が多いんですがやはりハードにご使用なられるケースが多く油汚れや傷の多い工具が多くなってしまいます。
しかし今回のトラスコの工具はお仕事用でのご使用ではなく鉄道模型などでの加工用に使用されていたものでしたので状態も良好でしたよ。

万力という工具は固定対象ワークを挟み込んでやすりをかけたり、金づちなどでたたいて曲げたりするときに使用する工具です。
その性質上、傷や汚れが多い工具でもあります。
画像くらいきれいなら総合リサイクルショップでも買取してもらえるかもしれませんが油だらけのボロボロの状態なら買取は厳しいかもしれません。
ちょっと考えれば予想はつきそうですがおしゃれな古着や家電の間に油だらけの工具をディスプレイしてもおそらく売れないからです。
餅は餅屋に任せるべきです。
その点、工具買取エスクラインなら安心してお任せしていただけると確信しています。
お伺いするのはスーツなどのかっこいい服装ではお伺いしません。
工具の買取は必ず汚れるので作業服でお伺いさせていただいています。
エスクラインは見た目や外装など買取査定の上昇を阻害する要素はどんどんカットしています。
ですので買取価格に自信があるんですね。
工具のことならエスクラインが絶対におすすめですよ。

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 

1.万力とは?

バイスは加工すべきものを2つの口金の間に挟み固定する工具で、各種加工時に固定が必要な際に用いられる工具の総称です。
加工作業の種類としては、切削・研磨・切断・接着剤硬化までの仮止め等が上げられます。
バイスは2つの口金の間に挟み込み固定するものです。
挟み込む力が強すぎると被固定物が壊れるため適切な力で挟み込む事が必要ですす。
加工の種類により様々な向きに固定する必要があり、こうした要素を最適化するために以下の様に多くの種類のバイスが製造販売されています。

2.万力の種類について

バイスの中で最もよく見かけるのは、作業台にボルトで取り付けて使用される横万力です。
やすり掛け等に使用されるのが、このタイプのバイスです。
横万力にも大きなものから小さなものまであり、一般的にサイズは口金の長手方向寸法の75, 100, 125, 150mmのサイズで呼称区分されています。
この横万力は多くの用途で使用され、固定する加工物の材質も様々なため、口金は加工物を傷つける事の無い硬度の異なる口金に交換できる様になっています。
上記の万能バイス的な横万力の他には、工作機械のテーブルに取り付けるマシンバイスがあります。
工作機械での加工精度を確保するためには、マシンバイス自身の精度が要求されるのが特徴です。
このマシンバイスには、マシンのテーブルとバイスの平行度が極めて高い横万力、テーブルと精密な角度で1~45度程度傾けて固定できるサインバイス、サインバイスにバイス自体が360° 旋廻する機能が付加された2次元サインバイス、さらにベースとなるテーブルが360度旋廻し、左右に45度、縦に90度まで傾けることが可能な三次元のマシンバイス等があります。
マシニングセンター、フライス盤、ボール盤、研削盤等にセッチングして複雑な加工ができる各種バイスが市販されています。

万力のメーカーについて

バイスメーカーとしては、ナベヤ、日本オートマチックマシン、トラスコ中山、榮精機、エスコ、スーパーツール、ニューストロング等が有名です。
筆者のおすすめはやはりナベヤになります。
基本は鉄の塊なのでどれを選んでも大して変わらないように思えますがやはり精度は非常に大事です。
安い外国産の物はあまりおすすめできないと思います。


ミツトヨとカノンのノギスを買取ました。(大阪市浪速区)

ノギスの買取はエスクラインお任せください。ミツトヨ、カノンはもちろん各種メーカー買取実施中です。

ミツトヨとカノンのノギスを買取ました。(大阪市浪速区)

ミツトヨおよびカノンの150mmノギス3点を買取ました。
今回の工具の買取は少量でしたので工具の査定にかかった時間~お支払い~契約締結まではほんの2~3分で完了しましたよ。
しかも買取現場の大阪市浪速区でちょうど出張買取の合間で時間つぶしにコンビニによっているときでしたので電話から工具買取契約成立までも含めても約10分くらいと過去最短記録の買取となりました(^_-)-☆
例えば大工さんや工場の廃業にともなう買取で大量に工具があると査定でも2時間くらいかかることもあります。
そういう大量の工具の買取は時間もかかりますのできちきちにスケジュールを詰めることはできません。
ギリギリで予定を組むと工具の査定が長引いたときに次のお客様に迷惑がかかるためです。
ですので工具の大量買取の場合は時間に余裕を持たせますので早く終わった場合は時間つぶしで街の様子をチェックするためふらふらと工場街や商店街を散歩することもあります。
そういう時に少量の工具の買取依頼をいただいた場合は、近距離であれば超短時間で工具買い取りが完結できることもありますよ。

さて今回の買取品はミツトヨとカノンでしたがシンワ、新潟精機なども国内メーカーの有名一流メーカーですよね。
マイクロメーターやピックテスター、ダイヤルゲーシ゛など精密測定工具の買い取りもエスクラインにお任せください。
専門性の高い測定機器の買い取り実績も本当に多数あります。
餅は餅屋です。
こういう専門性の高い工具は例えば総合リサイクルショップに持っていっても知識がないのとそのショップのディスプレイに不似合いであれば二束三文の買取もしくは買い取りできない事態も考えられます。
工具のことならエスクラインにお任せください。
大工道具も測定機器も加工機なども日々大阪をはじめ監査中を駆け巡って買い取りしていますよ。
どんなことでも柔軟に対応いたします。
工具のことならエスクラインが絶対におすすめですよ。

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 

ノギスとは?

寸法を測るのに対象ワークを挟み込んで測定する工具です。
生まれた時代は17世紀のポルトガルの数学者が目盛りを付けた物を最初とされています。
構造については物体を挟みこむ部分の定規部分が左右にスライドすることにより物体の大きさを図ることができる測定機器です。
近年ではデジタルで自動表示されるものが普及して若い方だとアナログタイプの見方がわからないことも多くなってきていますね。

メーカーについて

メーカーですが日本国内と海外にも多数の製造メーカーがあます。
日本国内のノギスメーカーですと有名な会社ですと、中村製作所(カノン)などがあります。
こちらの物ですと狭い部分の寸法を計測するために作られた機能が備わっており、狭い場所の寸法を測ることができます。
他ではデジタル部門で有名なのはミツトヨでしょうか?
防水処理を液晶パネルに施してある機種もあります。
またパソコンに測定データを別売りの接続ケーブルを使用して送ることも出来まする物もあります。

海外のノギスですとvorstekなどもありますが私の主観かもしれませんが、あまり制度も良くなく日本の製品が広く世界でもせあされています。

選定の目安・基準やコツ

ノギスを使用する際、図る物体に対してノギスが直角になるように計るのが基準でコツになります。
直角ではない場合、基準となる値にずれが生じますのできちんとした寸法を図ることができません。
また、計る物体によっても使用するノギスが違い、例えば、パイプや円柱の寸法を測る場合、クチバシ状のノギスを使用して計ります。

大まかな使い方

基本はノギスのクチバシ部分では借りたい寸法を挟み込み目盛りを読み測ります。
この時に副尺メモリがある場合そのメモリの値に寸法がきている場合。
そのメモリの値が1ミリ基準のメモリであればプラスして計算をします。例えば本尺メモリが28センチを指し、副尺が1ミリですと28.1ミリとなります。


HHH チェーンブロック買取りました(大阪市)

チェーンブロック,HHH
【チェーンブロック】
メーカー:スリーエッチ HHH
名称/型番:250kg

HHH チェーンブロック買取りました(大阪市)

スリーエッチのチェーンブロック買取りましたよ。
小型の工具で250kgサイズです。
実はこのチェーンブロックと言う工具の買取で出張したわけではなかったのですが
たくさんの工具をお見積させていただいた中にこの工具もありました。

エスクラインの作業場用として欲しかったので相場の5割り増しで買取らせていただきました。
工具買取のちょっとした裏情報(おすすめ情報)ですが一番の高価買取は実はエスクラインの
業務用として必要なものの買取だったりします(^^);
中古工具の買取はどうしても需要のあるなしなど買取相場がありますが、当店作業用として使いたい工具ならば当店がどうし
ても欲しいものになりますのでそういうものは一般相場以上の高値で買取らせていただいていますよ。

しかしエスクラインの工具買取の最大のメリットは高価買取です。
一般買取でも高額査定での買取を連発していますよ。
相見積もりも大歓迎していますよ。
買取査定では負けない自信あります!!
値上げ交渉ももちろん可能です。
工具買取の事なら何でもお任せくださいね。
買取価格に自信ありです!!

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

エスクラインの工具買取実績はここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 

チェーンブロックの使用について

1、チェーンブロックの用途
チェーンブロックは、工場や倉庫などで重量物を持ち上げる際に使用する工具です。
手動で巻き上げるものと電動で巻き上げるものと大きく分けて2種類になります。

2、 チェーンブロックを利用する際に注意すること
先ほども記載したとおり重いものを吊り上げるための工具です。
と言うことは当然落下すると非常に危険な状況になると言うことが予想されます。
スリングやシャックルなどは基本を守ってしっかりとセットし安全に使用してください。
また工具には耐用荷重もあります。
0.8t用、1t用、1.6t用、2t用などと工具に記載されています。
この耐用荷重を超えて使用することは絶対にやめてください。
チェーンやフックの破断が発生すると重大事故に繋がります。
古い物は銘盤が剥がれていることもありますがこの場合は引っ掛けるフックに耐用重量が記載されています。
どんな工具にもいえることですがその工具の能力内で使用し、必ず説明書にも目を通すことをおすすめします。
使い慣れた工具でも思わぬ事故が発生することもあります。

3、チェーンブロックのメンテナンス
チェーンは、錆びやすいので グリスを使用します。
チェーンが錆びると、使用中切れやすくなってしまうので、 定期的にグリスアップしましょう。
一番大切なのは、工具の品質を保つことです。

4、チェーンブロックを使うコツ
この工具を使用するのは別段、難しいことはありません。
遊動チェーンを回すと重量物の昇降ができます。
チェーンブロックの使用自体は、とても簡単で難しいことありませんが
人間では持ち上げることのできない、大きな荷物を扱うので
常に細心の注意を払うことが、チェーンブロックのコツではないでしょうか。

※最後になりますが使わなくなった工具は売るのが一番です。
 「工具買取してほしいな・・・
 と思ったら今すぐエスクラインにお電話くださいね。
 LINE査定も大歓迎です。


ミズタ工業の精米機 買取ました(大阪府摂津市)

精米機,買取,大阪
【農業機械】
メーカー:ミズタ工業
工具名:シルバー精米機 K-10型
定格:AC100V 50/60HZ
寸法:約H83×44.5×69cm

ミズタ工業の精米機 買取ました(大阪府摂津市)

懐かしいたたずまいの精米機を買取ました。
大阪府摂津市から工具を買取していたときの出物です。
家庭用のタイプで交流100Vで動くタイプです。
錆びもありますが、健康志向の方やインテリア?で使われる方も意外といらっしゃる商品なんですよ。
ですのでこんな機械をお持ちで使われていない方は是非エスクラインまでご連絡ください。
工具の高価買取がエスクラインの自慢ですが工具以外の買取依頼もチョコチョコありますよ。
今回の買い取り現場ではこの機械は工具を置く棚と化していました(^^);

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 

家庭用精米機について

今回は農業に使う工具?についてです。
精米とは、籾摺りをした玄米の表面に付いたままになっている薄皮である胚芽部分を除去していく工程です。 
玄米のままでは臭く味も悪いですが、精米すると白く味の良い白米になります。
もともとは、循環式と一回通し式家庭用に分かれます。
家庭に普及しているものは、小型の一回通し式となっていて、家庭用の多くはこの方式を採用しています。
一回通し式は、米に負荷がかかることから、米の温度が上昇しやすいことが特徴となっています。
モーターを使い、負荷をかけて、精米をすることが特徴です。
途中で米詰まりなどでロックしないようにすることや、米が湿っていないかどうかを注意しましょう。
家庭用の小型タイプは、大体が容量が5合程度となっています。
負荷がかかりますので、連続で使用できないものも多いので、注意をしましょう。
使用して、15分ぐらいたてば、しばらく休ませて使うようにしましょう。
大体が30分定格となっていることが多いです。
大体使うごとに、各部の掃除、点検をしましょう。
メンテナンスに関しては、ベアリングなど駆動部に注油をし水平でガタがこないように設置します。
また、精米機を使用した後は、内部に米が残らないようにしましょう。
コクゾムシなどなど害虫が発生しますよ。 
そのほかにも、時々はあちこちをきちんとメンテナンスして点検をするようにしましょう。
基本的には清潔にするのが一番です。
使い方は、その工具によって異なりますが、家庭用の場合、精米コースがありますので、こちらを選びスタートキーを押すようにします。
そして、白米から分づき米(7分づき、5分づき)、胚芽、そして米とぎまで選ぶことができます。
白米はコースに分かれているので好みに合わせて、セットすることができるようになっています。
最近では、お米の量に関しても自動認識してくれる物が増えていますので、自分自身で再設定する手間がほとんどかかりません。

※さて工具買取専門のエスクラインですが農業機械も買取していますよ。
ただし軽バンやトラックに積載できる範囲になりますので乾燥機やトラクター、田植え機など大型工具は買取できません。
しかし農家の知人もたくさんいて工具以外の販売ルートもあります。
まずはご相談くださいね。


フジ磁工のマグネットチャック 買取ました(大阪市)

マグネットチャック,買取
【マグネットチャック】
メーカー:フジ磁工
名称/型番:傾斜永磁 マグネットチャック PFB70×130

フジ磁工のマグネットチャック 買取ました(大阪市)

今日はマグネットチャックを買取ました。
正直言いますとこういう商品は汚れも多く油だらけのものがほとんどなんですが、画像のものはまったく手入れせずこの状態でした。
大阪市此花区の金属加工工場さんから買取させていただきました。
この他に小型の旋盤やフライス盤、高速カッターに溶接機、ボール盤などなど非常にたくさんの機械類を買取させていただきましたよ。
今回と工具の買取は非常にきれいなものが多く高価買取させていただきましたよ。
工具を長期にわたってお使いいただく一番の基本は使ったらすぐに汚れや屑の除去、稼動部のグリースアップなどの日常点検を行なうことです。
工具の買取業務をしていますと古い機械でも大事に使われていて非常に状態の良い工具が揃っている会社様があるかと思えば、最新の新しい工具ばかりなのにドロドロコペコペの工具でコードの断線や破損の目立つ工具ばっかりの会社もあったりします。
オーナー様の考え方ですので新しい機械をどんどん更新していくのも経営手法とは思いますが古くても状態の良いものを買取させていただくと当店もうれしくなります。
また例えばボール盤に使うドリルやインパクトレンチのソケットなども工具箱やキャビネットに乱雑に入れておくだけでなくサイズの順番に仕切りを作って並べて使う場所に整然と保管することで作業効率もアップしますよ。
ソケットや手工具、ドリルなど小型のものは複数の作業者で取り扱いしていると紛失したりして使いたいときにすぐ使えず作業ロスが生じることは多々あります。
しかし前述したようにきちっと並べて保管しておくことで欠品したらすぐ発注をかける習慣を徹底することで時間ロスもかなり削減できると思いますよ。

さてエスクラインでは日々西から東まで関西中を走り回って工具の買取をしております。
買取価格が知りたい方はお電話くださいね。
買取・お見積もりのご依頼受付中です♪

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

マグネットチャックについて

マグネットチャックと言う工具は一般的にあまり聞きなじみのない工具かもしれません。
とはいえ研削盤などを使用される現場などではよく使われている工具です。
この工具は金属製のワークをスイッチの切り替えで簡単に保持したりリリースしたりできるので非常に便利な工具です。
磁力も強力なものが多く保持状態だとがっちりとくっついて手では簡単に動かせないほどになります。
これほど強力な磁力がスイッチのオンオフで簡単に切り替えられて不思議ですよね?
この工具の多くはシマシマ模様になっています。
磁石部分と継鉄部分になっています。
磁力のオンオフはこの継鉄板をスライドさせることで吸着のオンオフを切り替えているんですよ。
用途やワークの大きさに合わせてさまざまな形状やサイズの製品があります。
目的に応じた工具選びが重要になってきます。


日立 モートルブロック 0.5tを買取ました

日立 電動チェーンブロック

【電動チェーンホイスト】
メーカー:日立HITACHI
工具名:モートルブロック 1/2BFH1
定格:AC100V 60HZ
定格:500kg 1/2t
LIFT:6m

日立 モートルブロック 0.5tを買取ました

日立の電動チェーンホイスト買取ました。
ほぼ使わない状態で長期保管されていた極上品です。
若干は油汚れもありましたがほぼノーメンテでそのまま使えそうな感じの工具の状態ですね。
この工具のほかにもマキタなどチェーンブロックの未使用品がごろごろ買取対象として出てきました。
バブルのころに設備投資されたものだそうです。
バブル期に工具をたくさん設備投資されたそうですが買いすぎの状態で長期間倉庫に放置されていたものをエスクラインが買取させていただきました。
工具買取業をしているとこういう感じで長期間放置されていた工具の買取をすることがよくあります。
今回のお客様は以前工具の買取に別のお客様の事務所にお伺いしていたときにご紹介いただいてのご成約となりました。
エスクラインではこういう長期使っていない工具もどんどん買取していますよ。

今回のような程度良好な工具でなくても買取実績は豊富です。
1点からの少量の工具から倉庫1棟丸々買取という大型買取まで幅広く対応しています。
まずはお電話にてどんどんお問合せくださいね。 
買取・お見積もりのご依頼、絶賛受付中です♪

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 

電動ホイストについて

電気ホイストという工具は、重量物を人力ではなく電力を使って簡単に吊り上げる事が出来る工具です。
とても便利な反面、重量物を吊り上げるというリスクもあるため日常的にしっかりとメンテナンスをしていく必要があります。
電気ホイストを使用するに必ず使用前点検をする事が必要です。
目視でチェーンのピッチの伸び、摩耗、変形が無いか、フックに変形や開きが無いか、本体のネジ緩みが無いかといった項目を目視でチェックする事が大切です。
また、いきなり重量物を吊り上げずに操作ボタンを押して正しくスイッチが作動するかのチェックも大切です。
使用前に異常を見つけたら使用を止めてすぐに修理をして正常な状態にする必要があります。
次に実際に電気ホイストを使用する際のコツですが、インチング動作を上手く活用すると安全に荷物を移動させる事が出来ます。
電気ホイストのペンダントスイッチを押して動作させる際に一気にボタンを押すと吊っている荷が振れてしまい非常に危険な状態になります。
荷が振れないようにペンダントスイッチを押す際はインチング操作を行う事がポイントとなります。
また、荷にワイヤーを掛けて電動ホイストのフックに掛ける際には、必ずフックの掛かりを確認する必要があります。
荷を吊り上げる際にフックが開いてしまったり、フックにワイヤーがしっかり掛かっていないと荷が落下するリスクもあります。
電動ホイストのフックの掛かり具合を目視でしっかり確認する事がポイントとなります。
最後に電気ホイストで荷物を吊り上げる前に荷物のバランスを考えて吊る事が大切です。
荷の重心がずれているとバランスを崩してしまいます。
荷の重心を確認した後に電気ホイストで吊り上げる事が必要となります。
以上が電動ホイストを日常的に使用する上での点検や使い方のポイントとなります。
各工具メーカーの取扱説明書をしっかり読んで作業を行なう必要があります。


リョービ 仕上カンナ SLA-181を買取ました

リョービ,小型超仕上カンナ,SLA-181
【小型超仕上カンナ】
メーカー:リョービ RYOBI
名称/型番:小型超仕上カンナ SLA-181
定格:AC100V 50/60HZ 13A 1200W
最大切削幅:180mm(0°)
送材速度:47m/min
サイズ:約54×31×高さ37cm

リョービ 仕上カンナ SLA-181を買取ました

リョービ 仕上カンナ SLA-181という工具を買取ました。
10年以上ほど前の工具でしたがほとんど使用されていない工具を倉庫で大量保管されていた工具のひとつで非常にキレイな状態での買取ができました。
工具の動作部分も動きの硬さなどもなく非常にスムーズに動作し各部機関も良好です(^^)ニコ
良い工具を買取できるとうれしくなりますねo(*^▽^*)o~♪

最近の大工仕事では工場で切り出した部材を現場で組み立てるだけの作業が多くなりかんな盤を使用する大工さんも減ってきてはいますがこのくらいの寸法だと可搬性も高く、車に積み込んでいてもそれほどスペースを食わないので1台あれば便利な工具ですよ。
全て組み立てだけで済むような現場だと不要かもしれない工具ですが、やっぱり良いものを作ろうとするとどうしても現場合わせの必要も発生すると思います。

さてエスクラインでは毎日、工具を高価買取しています。
良い工具があるとお伺いすれば兵庫・大阪・奈良・和歌山・京都・滋賀・福井と関西一円あっちこっち飛び回って工具の高額査定腕の買取をしています。
重い工具も当店の工具の出張買取なら安心です。
いちいち店頭に持っていかなくてもお電話一本でお伺いしますのでおすすめの買取方法です。
高額査定買取のコツは事前にピカピカまでは行かなくともエアブローなどで軽く木屑などを除去しておくと当店も高額買取査定がつけやすくなりますよ。

まずはお電話にてお問合せくださいね。 
買取・お見積もりのご依頼受付中です♪

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

かんながけ作業について

住宅建築現場で、大工さんが手持ち電動かんなで木材の表面を削っている所を見かける事は多いものです。
しかし、この手持ち電動かんなを使って綺麗にかんな掛けするには、結構熟練の技が必要で、中々素人では上手く削れません。
それに対して、かんな盤は手持ちの電動かんなをひっくり返してテーブルの上に固定して置いたような構造をしており、テーブルに取り付けられた垂直フェンスに木材を当てながら、テーブル上をスライドさせるだけで比較的簡単に削れるのが特徴です。
このかんな盤を使って綺麗に削るためのポイントは、その原理を理解して回転刃の高さ設定を正しく行う事です。
木材を回転刃の前のフロント定盤をスライドさせて送り込むと、刃の高さまで削られて木材はリア定磐に送り込まれます。
従って、回転刃がトップに来た時の先端の高さがリア定盤の高さに合っている事が重要なのです。
この刃の高さ設定方法は、機種によって異なりますが、しっかりと取説を読んで、この方法を習得する事が必要です。
また木材のどの程度の深さに刃を当てて削るかは、フロント定盤の高さ設定で決まります。
こちらはいくつかのノブを手順に従って操作し、付いている目盛りを活用して設定します。
この際、機種毎に説明書に記載されている最大切削深さは守らないと、危険なので注意が必要です。
深く削りたいなら、最大切削深さ内の設定で、何度かかんな掛けする様にします。
かんな盤は、上記に記載した様に定盤に材料を密着させて使用する道具です。
従って定盤と木材の摩擦抵抗は作業効率を下げたり、事故やトラブルの原因となるため、傷を付けないように注意して使用する事が大切です。
また使用後の手入れとしては、掃除をした後、木材のスライド時の抵抗を軽減するために、定盤の表面にシリコンスプレーを噴き付け、表面に耐熱性に優れたシリコーン被膜を形成すると良いでしょう。


古いボール盤、買取ました(大阪府東大阪市)

ボール盤,,買取,大阪

古いボール盤、買取ました(大阪府東大阪市)

古いボール盤を買取ました。
東大阪の石切さん付近の現場からの買取です。
亡くなられたご主人の使っていた工具ですが狭い倉庫奥の通路を約15mくらい手で運ぶ必要があった現場です。
台車が通らない場所で、約40kgの工具を運び出すのは一苦労でした。
ご家族様のお話によると1人で搬入したそうですが重い工具なので大変だったろうなと思いました。
画像では分かりにくいですがミシンのフットスイッチがつけてありフットスイッチで回転動作をコントロールできるように加工してありましたよ。
器用な方だったようで加工機械を自分流に加工して使っておられたようです。

さてエスクラインではこういう古い工具も買取してきますよ。
重い工具も当店の出張買取なら安心です。
いちいち店頭に持っていかなくてもお電話一本でお伺いし高額買取しますのでおすすめます。

まずはお電話・LINE・メールにてお問合せくださいね。 
買取・お見積もりのご依頼どんどん受付中です♪
電話査定で査定金額が折り合えば工具の出張買取という流れになります。
工具が大量にあり、電話やLINEが困難な場合は無料出張査定してっと言っていただければ即駆けつけますよ。

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

ボール盤というのは工作機械の一種です

ボール盤とは一種の工作機械のことで、機械部品の工作や機械の組み立てなどを行う機械のことで工場や会社には大抵はあります。 
主な目的は被加工品に穴やネジを切ったりするもので、小型のものは卓上と言ってホームセンターなどで売っている一般家庭や個人で取り扱うことが出来る卓上型があります。
また工場などの大型でコンピューター制御の全自動のものや一変に数カ所を穴あけできる多軸型ボール盤、其れに支柱を固定しながら加工部分を移動させるラジアルボール盤など多くの種類や大きさ、多機能などいろいろな種類があります。
一般には作業員がレバーを動かしながらチャックにドリル(キリともいいます)を固定して回転数を決め、そしてモーターを駆動させて穴を開けたりする直立型が今でも一般的に使われています。 
ドリルを使用する時の穴の大きさはドリルの太さによって決まりますが、概ねは3mm程度から40mm程度で、加工品の材料は柔らかい木材の場合は木材用の専用ドリルを使うが、鉄製やプラスチックの場合は鉄鋼用ドリルを使うことになります。
穴を開ける実際の手順というのは、普通の大きさで薄物は一回で穴あけ加工出来ますが、30mmていどの大きな穴の場合は下穴といって小さい穴を何回か段階を踏んで目的の穴を開けるようにします。 
又、一般の加工製品には鉄製品が多いのでそのまま手押しででも開けられますが、軟らかいプラチックやアルミの場合は引き込まれてしまう恐れがありますので、必ず自動をかけて定速加工が必要になります。 
更に大きな穴の加工の場合は低速運転が必要で、液状の潤滑剤などを使用します。
次に、タッピング用ボール盤を使用したネジ切りですがこの場合はドリルで決められた直径の下穴を開けて、次にタッピングでネジを切りますが、この場合もグリスなどの固形の専用の潤滑剤を使用します。 
ネジ切りの場合は超低速回転で行うのが普通で、しかも、大き目のネジの場合は上下動を繰り返しながら徐々にネジを切るのが普通です。
因みに、ドリルというのは渦巻き状に溝が切ってありますが、此れは切削したときのキリカスが表に出るためのものです。
素材としては硬さと熱に強いものが必要で、耐熱性や耐摩耗性、其れにじん性といって粘り強く衝撃破壊を起こしにく素材で、一般には工具鋼や超硬合金などの素材が使われています。

※さて今回の買取はかなり古いモデルで製造後50年程度経過したものでした。
さすがにここまで古い工具だと鉄の重さ換算の買取になりやすいですが古い工具でも高額買取査定が出る場合もよくあるんですよ。
「こんな古い工具なんて買取してもらえへんやろな・・・」
と思っても査定依頼はタダなのでどんどんお電話くださいね。
聞くのはもちろん完全無料ですよ。


古い305mm昇降盤 買取ました(大阪府枚方市)

昇降盤,買取,大阪

古い305mm昇降盤 買取ました(大阪府枚方市)

305mm昇降盤という工具を買取させていただきました。
買取したのはおそらく昭和中期の機種と思います(^^);
大工さんからの工具の買取で出てきた趣ある工具です。
かなり古い工具ですがモーターは元気な状態で木材の切断動作もキレイにでき変な音もしていませんでした。
しっかりした作りなのでまだまだ使える鋸盤です。

エスクラインではこういう古い工具も買取していますよ。
重い工具って店頭買取専門店の場合は持っていくのも一苦労ですがエスクラインは違います。
エスクラインの工具買取は出張専門ですのでいちいち店頭に持っていかなくてもお電話一本で工具の買取が完結しおすすめです。

「この工具、なんぼで買取できるんかな? 買取相場はどれくらい??」
と思われたらまずはお電話にてお問合せくださいね。 
事前に工具のメーカー名、型番を調べていただいていると尚スムーズでおすすめですよ。
中古工具・新品未使用工具の買取・お見積もりのご依頼受付中です♪

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

過去の工具の買取実績はここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 

丸のこ盤・昇降盤の使用方法とコツ

丸のこ盤・昇降盤を使用する際、まず確認する事は電源が入っていない状態で各部のチェックを行います。
この際コンセントは抜いておくようにしましょう。
では、チェックする項目の確認です。
まずは、傾斜定規、平行定規などがきちんと装着されているかの確認です。
この作業は丸のこが動き出す前にキチンと行うようにしましょう。
こういうところを雑にしていると作業中に引っかかって大怪我の元になりますよ。
次に、昇降ハンドル、傾斜ハンドルの動作確認をします。
最後に丸のこのブレードが取り付けられているのかの確認をした後ブレードに緩みがないかを確認します。
ブレードはガタツキさえなければ回転することでブレードが締め付けられますのでガタツキだけには細心の注意を払うようにします。
以上が確認できましたら、丸のこのスイッチを入れ、ブレードの回転が安定したのを確認した後に切り出し作業を行います。
切り出し作業をする際、気をつけなければいけないのが手をブレードに巻き込むといった事故です。
たて切りを行なう際にこの問題は起こりやすく考えられる原因については自動送り装置が付属している機会の場合は設置ミスなどで自動送り装置が付いていない場合では丸のこが木材に食い込み木材をキチンと送れなくなった際に起こります。
その際は、もう一人が木材をカットしている方向とは逆の方向の木材を掴み引っ張ることで木材を送ることができます。
慣れない内は木材の裁断をする際二人で木材を送ると良いでしょう。
二人で木材を切る場合は、一人目は丸のこ盤から木材を送りもう一人は丸のこ盤から送り出される木材をキャッチするようにして木材を受け取りながら送ると良いでしょう。

丸のこ盤・昇降盤のメンテナンスと保管方法

丸のこ盤・昇降盤のメンテナンスは基本は裁断する際のブレードに欠けや曲がりがないか、モーターの軸が揺れ動き振動がないかを確認するくらいです。
各部のベアリングを交換する必要性もありますが、問題があり、ベアリングの種類をキチンと把握していないとまず交換はしないほうが良いです。
工業用に機械のベアリングにも種類がありますので適したベアリングに交換しないといけないためベアリング交換は機械構造に詳しい人で無い限り止めておいた方が良いです。
保管方法につきましては長期間使用しない場合はブレードを取り外してブレードをキチンと保管しておきましょう。


カテゴリー

工具の選び方

買取実績

店長の日記

キャンペーン情報

 

◆◇◆ 会社概要 ◆◇◆

【 ショップ名 】
リサイクル・工具・家電買取
エスクライン 大阪買取支店
大阪府大阪市此花区
朝日2丁目18番8号3F-415
※店頭買取は行っていませ
ん。出張専門買取店です。


【 電話番号 】
0120-933-689

【 メールアドレス 】
info@otakara-kaitori.net

【 大阪買取支店google 】
工具買取 エスクライン
大阪支店


【 古物営業許可証 】
第631400900022号
兵庫県公安委員会

プライバシーポリシー

QUOカードプレゼント中!!


ただいまQUOカードプレゼント中!!
詳しくはキャンペーンのご案内から
ご確認ください。

タグクラウド

お役立ち情報

買取情報【工具】

facebook

google+


エスクライン大阪店

エスクライン大阪店のgoogleマイビジネス

トップページ 買取品目 買取手順 Q&A 出張範囲 会社概要 お問合せ 保護者同意書  
買取実績 高く売るコツ キャンペーン 大阪で工具を売るなら プライバシーポリシー