コンセック コアドリルを買取ました(大阪市旭区)

買取実績(兵庫,大阪,神戸,京都など関西全域の買取実績) -5ページ目-

コンセック コアドリルを買取ました(大阪市旭区)

コアドリルなど工具の買取は工具買取エスクラインにお任せください。
メーカー名:コンセック
工具名:SPX型 コアドリル SPX-16A3 Pro

コンセック コアドリルを買取ました(大阪市旭区)

大阪市城東区にてコンセックのコアドリルという工具を買取しましたよ。
コンセックというメーカーの本職用の工具です。
一般に工具メーカーといえばマキタと日立(ハイコーキ)が広く知れ渡っていますが、シブヤかコンセックが機能的には優れているメーカートいえるのではないでしょうか?
今回買取した工具もハイスペックモデルにふさわしくお値段もしかりしていますよ(^^;)
本日買取した工具は本体とレールでしたが、この機種は簡単な改造で自動送り装置も装備できます。
コアドリルは非常に高価な工具ですが、この工具を使用した孔あけ作業は作業単価も高い仕事が可能です。
コア抜き(穿孔、穴あけ)は、土木や建築、設備設置の際など幅広い用途で必要とされるますが湖の工具がなければできません。
しかしそんなコアドリルですが実は使われておらず、倉庫で放置されている率も高い工具にもなります。
高価な工具を放置していてはもったいないですよ。
・この工具半年ほど使ってないな…
・倉庫が狭くなったので買取に出したいんやけど…
・急な支払いで買取に出して現金化したい…
・知識豊富な専門業者に買取してほしい…
こんな時は迷わずエスクラインにお電話ください。
関西随一の買い取り実績を誇るエスクラインなら適正価格で買取が可能!!
たとえば町のリサイクルショップなどでは専門店ではないため適正な価格で買取してもらえないことがあるばかりか、少し汚れているからなどという理由で買取してもらえないこともあります。
工具は少し使っただけでも汚れや痛みが出てしまいます。
専門店でなければ少し汚れただけで買取不可にされることも珍しくありません。
しかしエスクラインは違います!!!
出張工具買取専門店として日々たくさんの工具を買取していますのでご安心ください。
エスクラインは買取のエキスパートです。

工具買取のことなら是非エスクラインにお任せください♪

工具買取エスクラインのLINE査定のやり方

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具の買取は実績豊富なエスクラインにお任せください。
工具買取エスクラインへの工具のLINE見積もりはこちらからです。
工具のLINE査定は友だち登録から

 

※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具買取エスクラインは盗難品の流通を阻止します。 工具買取エスクラインはコンプライアンスを徹底し、盗品の流通を阻止します。
警察や関連団体とも連携し盗品流通撲滅を目指します。

工具買取エスクラインが教える工具の盗難防止対策は左の画像をクリック!!

1.コアドリルの概要

回転する円形のビットで円筒状の穴を開ける工具で、コンクリートや石材、鉄筋コンクリートなどにも対応できます。
穴を開けるときは回転のみででき、騒音や振動が低くて快適に使えて便利です。
中でも、小型のものはエアコンや換気扇などを取り付けるための貫通穴を開けたり、水道管やガス管の配管を新たに作ることもできます。
穴の開け方は水を使う湿式が主流で、給水システムによりコアビット内部に水を注ぎながらする流れです。
一方の乾式は集塵設備を用いコアビット内部から切き粉を吸い込み、粉塵を出さずに作業ができます。
また、重さも軽くて持ち運びが楽なため、作業をするために使うと便利です。

2.コアドリルのメーカーなどについて

最大手のコアドリルメーカーといえばシブヤで、ダイモドリルという名称で多くの機種を取り揃えています。
コンセックはシブヤに次いでシェアが高く、こちらはコアドリルという名称で多くのラインナップがあります。
マキタは国内最大手の電動工具メーカーで、ダイヤモンドドリルを扱っています。
他にも、エクセン、IKK、日立工機があり、主に産業機械や建設機械などを扱っています。

3.大まかな使い方や作業における注意点

コアドリルは差し込まないと使えないため、シャンクの溝に合わせ奥まで入れる必要があります。
カッターを差し込んだあとはコアドリルをシャンク側に押しながら回転させ、ロックしているか確認することが重要です。
中途半端に固定するとロックが壊れて危険なため、きちんとしているか再確認しないと危険です。
穴の開け方は位置を決め、センターピンの先端をコンクリートに当て刃が2~3ミリ入ると不要なため外します。
そして、有効な長さまで切り込んでからコアドリルを抜き、コンクリートを折ってロングシャフトに付け替えて穴を開ける流れです。
この作業を繰り返し折ったコンクリートはすき間にタガネを入れて取り除き、スムーズにできるようにすると作業を効率化できます。
そのときの注意点はドリルとセンターピンの間に穴を開けた木材が食い込むと抜けなくなることもあり、位置決めが終わればすぐに取り除かないといけません。


レッキス パイプマシーン N40A3を買取ました

ねじ切り旋盤などの工具の買取は工具買取エスクラインにお任せください。

メーカー:レッキス
名称/型番:パイプマシーン N40A3

レッキス パイプマシーン N40A3を買取ました

大阪市旭区にてレッキスのパイプマシンを買取ましたよ。
長らく地元で営業をされていた水道工事屋さんからの工具の買取です。
狭い路地奥の店舗でして車が横付けできなかったので買取後の搬出が大変でした。
道も舗装はされていますがガタガタで台車に乗せて工具を搬出したんですがガタガタにタイヤがとられてうまく押せず、何度か台車から工具がずり落ちそうにないながら運び出しました。
パイプマシンという工具をご存じの方はすぐにわかるでしょうが、パイプマシンはかなり重い工具です。
100クラスのサイズでも結構な重量でして持ち運びも大変な工具買取業者泣かせ工具です。
同業の工具買取店さんでも話を聞くこともありますが、パイプマシンは買取後の整備も時間がかかるので買取しない買取業者さんも多いそうです。
しかし工具買取が専門のエスクラインは違います!!
大きい工具も重い工具もどんとこいで買取しています!!!
餅は餅屋、工具は工具やにお任せください。
工具買取で分からないことがありましたら何でもご相談くださいね。
エスクラインは買取のエキスパートです。
工具買取のことなら是非エスクラインにお任せください♪

工具買取エスクラインのLINE査定のやり方

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具の買取は実績豊富なエスクラインにお任せください。
工具買取エスクラインへの工具のLINE見積もりはこちらからです。
工具のLINE査定は友だち登録から

 

※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具買取エスクラインは盗難品の流通を阻止します。 工具買取エスクラインはコンプライアンスを徹底し、盗品の流通を阻止します。
警察や関連団体とも連携し盗品流通撲滅を目指します。

工具買取エスクラインが教える工具の盗難防止対策は左の画像をクリック!!

1.旋盤の概要

1.旋盤の概要
工作物の部分にネジのように螺旋状のものを作り、刃物によって加工する機械のことを指します。
旋盤加工は金属の製品を作る際に欠かせないもので、自動車や機械の部品以外にもアウトドア用品や調理器具などがあり身近になっていることが特徴です。
パイプマシンはミクロ単位で調整をしないといけないため、それぞれの部品の特徴を理解する必要があります。
旋盤を構成する主な部品は主軸と心押し台、往復台、ベッドがあり、加工したい形状や材料によって調整が可能です。
チャックは工作物を固定し回転させ、心押し台は反対側から保持し、往復台は水平に移動させ、ベッドは旋盤の本体を構成して往復台をスライドさせる働きがあります。
加工方法は外径加工、内径加工、ねじ切り加工、穴あけ加工、突切り加工があり、用途に合わせて調整すると便利です。
旋盤加工機の種類は6つあり、汎用旋盤、NC旋盤、卓上旋盤、正面旋盤、立旋盤、タレット旋盤があります。

2.旋盤のメーカーなどについて

主なメーカーは光畑製作所や株式会社メカニクス、コジマエンジニアリング、東洋アソシエイツがありますが、株式会社メカニクスや光畑製作所がメジャーです。
レッキス工業やアサダはねじ切り旋盤が有名で、ステンレス管のネジなどを切ることもできます。

3.大まかな使い方や作業における注意点

使い方は工作物に合わせて回転速度を設定し、工具の移動を行ってネジを作る流れになります。
自動的に設定できる機械があればスムーズにできますが価格が高く、調整が必要な場合には工作物に合わせて設定する必要があります。
ただし、火花が出ることもあり引火性が強いものを近くに置かないことや、工作物によっては鉄くずが多く発生します。
鉄くずは周辺に散らばると邪魔になるためすぐに除去するように心がけ、風が吹かない場所に置くことが大事です。
注意点は工作物の特徴を把握して最適な深さを決め、鉄くずがネジに付着しないように換気をしてから行う必要があります。


ヤヨイ 手動糊付け機を買取ました(大阪市東成区)

糊付け機など工具の買取は工具買取専門のエスクラインにお任せください。極東やヤヨイなどあらゆる糊付け機を高価買取しています。

メーカー:ヤヨイ化学工業 
工具名:FRESHMAN フレッシュマン 手動糊付け機

ヤヨイ 手動糊付け機を買取ました(大阪市東成区)

大阪市東成区にてヤヨイ化学工業の糊付け機フレッシュマンの手動式という工具を買取ましたよ。
住宅街の中にあった内装工事屋さんからの工具の買取ですが、先代がお亡くなりになられて長期間放置されている工具を片付けたいので買取依頼していただきました。
住居兼事務所で確かにお使いになっていない沢山の工具で居住空間が圧迫されている状況でした。
画像の糊付け機は工具の保管場所から出てきた工具ではなく、工具の買取査定が終わって積込も終わり変える直前にアウトドアグッズが置かれているところから出てきた工具です。
しかも名前がフレッシュマンですのでバーベキューコンロと思って工具のすぐ横を素通りしていました。
査定した工具の積込が終わってからお客様から
「これも工具と思いますが買取してもらえますか?」
と相談されましたがバーベキューコンロとばかり思っていたので
「それはバーベキューコンロですので買取できません!」
と言ってしまいました( ゚Д゚)
「糊付け機ですよ、、、、」
と言われたときは思わず赤面してしまいました。

さて私の恥さらし話はおいてといて・・・
こんな失敗もありますがエスクラインは工具の買取専門店です。
「海の事は舟子に問え山の事は樵夫に問え」
ともいいますが工具を高くで買取してもらおうと思ったら総合リサイクル店ではなくエスクラインのような工具買取専門店に依頼すべきです。
工具買取のことなら是非エスクラインにお任せくださいね。

工具買取エスクラインのLINE査定のやり方

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具の買取は実績豊富なエスクラインにお任せください。
工具買取エスクラインへの工具のLINE見積もりはこちらからです。
工具のLINE査定は友だち登録から

 

※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具買取エスクラインは盗難品の流通を阻止します。 工具買取エスクラインはコンプライアンスを徹底し、盗品の流通を阻止します。
警察や関連団体とも連携し盗品流通撲滅を目指します。

工具買取エスクラインが教える工具の盗難防止対策は左の画像をクリック!!

1.糊付け機の概要

「糊付け機ってなに?」
という方は多いと思います。
クロスを壁に張り付つける内装屋さんなどが使用される工具です。
昔は刷毛を使って1枚1枚糊を塗って作業されていました。
ペンキ塗りをされたことのある方ならわかっていただけると思いますがこれが結構な労力なんです。
なんと!!  此の大変名乗りを刷毛で塗る作業が自動化されたのが糊付け機なんです。
私も工具の買取店を始める前はほとんど見たことがありませんでしたが、初めてその作業を見たときは
「すごい機械があるもんだなあ」と感心したのを覚えています。

2.手動油圧式圧着工具のメーカーなどについて

この機械のメーカーは極東産機かヤヨイ化学になると思います。
当店の買取実績からすると9割が極東産機の物です。
シェア比までは把握していませんがほとんどが極東産機の独壇場のような感じだと思います。

3.大まかな使い方や作業における注意点

1)機械に糊を補充
2)少し動かしながら吐出量を調整
3)カットするクロスの長さを設定
4)糊付け開始
5)機械が停止したところでカット
このような操作になります。
最初の操作方法さえわかれば機械の操作自体は難しくはないかもしれません。
しかし扱うものが糊ですのでその管理や使用後の清掃はしっかりとしてください。
あっちこっちに付着したままで放置するときれいに動作しなくなってきます。


カクタス油圧式圧着工具を買取ました(大阪市浪速区)

圧着工具の買取は工具買取エスクラインにお任せください。手動・電動問わず高価買取しています。

メーカー:カクタス 産機興業
工具名:手動油圧式圧着工具 S-100 圧着工具 油圧式作業工具

カクタス油圧式圧着工具を買取ました(大阪市浪速区)

大阪市浪速区の電気工事屋さんよりカクタスの手動油圧式圧着工具を買取ました。
圧着工具は非常に元値も高額ですので買取の価格も必定高くなります。
少し古い機種ですが購入価格は手動でも10万近くもします。

さて圧着工具の買取査定のポイントととしては当然ですがしっかりとプレスすること。
オイルが入ってエアー抜きもできているのにプレスできないのは大幅マイナスの買取になります。
まだ新しい機種ですと修理部品も手に入りますが、廃盤になって年数の立つ工具は修理もできなくなるので買取できなくなります。
次の工具買取査定のポイントはダイスセットの使用による摩耗具合です。
やはりダイスセットの摩耗が進行していると工具の買取の査定に影響します。
ダイスセットはこの工具のキモですのでダイスセットは交換部品が非常に高額です。
やはり修理費用が高くなるものは工具の買取査定に影響します。

以上が圧着工具の買取査定のポイントになります。
しかしながら上記のポイントはすべての工具に共通するのではないでしょうか?
・修理やメンテに時間がかかる
・部品交換に費用が掛かる
・外観が悪い
・部品がそろっていない
・古すぎる
というのはすべての商品に共通しますので買取依頼の前には確認することをおすすめします。
工具買取のことなら是非エスクラインにお任せくださいね。

工具買取エスクラインのLINE査定のやり方

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具の買取は実績豊富なエスクラインにお任せください。
工具買取エスクラインへの工具のLINE見積もりはこちらからです。
工具のLINE査定は友だち登録から

 

※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具買取エスクラインは盗難品の流通を阻止します。 工具買取エスクラインはコンプライアンスを徹底し、盗品の流通を阻止します。
警察や関連団体とも連携し盗品流通撲滅を目指します。

工具買取エスクラインが教える工具の盗難防止対策は左の画像をクリック!!

1.手動油圧式圧着工具の概要

裸圧着端子や裸直線スリーブを油圧の力を利用してプレスする工具で、手動式、充電式、電動式の3種類があります。
中でも手動式は電気工事士が使う頻度が高い工具になり、150sqまでの電線をかしめることができることが特徴です。
主に、工場やビルなどの電気工事において使われ、断面積が大きい電線が多くて大容量の開閉器や電磁接触器などの機器や端子台等への接続はサイズの大きい丸型端子やY型端子などが多くて油圧を利用して圧着しないとうまく付かないことがあります。

2.手動油圧式圧着工具のメーカーなどについて

定番のメーカーはカクタス株式会社や株式会社泉精器製作所で、ほかにはジェフコム株式会社、株式会社ロブテックス、株式会社マーベルがあります。
適合サイズは8~150sqまでの範囲で8種類あり、手動であれば60sqまでは小さくて60sqから150sqまでは大きくなることが特徴です。
サイズは大きければ多彩な状況にも対応でき、作業を効率化できるようになります。
なお、カクタスの工具はアタッチメントを取り付けて圧着以外のこともでき、T型圧縮、鉄筋カッター、ケーブルカッター、全ネジカッター、レースウェイカッター、ダブルダイスなどがあります。

3.大まかな使い方や作業における注意点

使い方は裸端子の接続やB及びPスリーブによる電線接続があり、建築現場などでの電気工事をするために役立ちます。
電気工事は失敗を許されないため手動の場合は電動と比べて作業効率が悪く、力が必要で片手では作業ができないことを認識することが大事です。
作業の流れは電線サイズに合わせてR端子を選び、端子とダイスのサイズを合わせて固定して固定してからR端子に電線を入れてポンプアップします。
ポンプアップは徐々に重くなりますがカチッと音をするまで行い、油圧を解除するまで続けることが必要です。
注意点は油圧を解除しないと本体に圧力がかかったままになり、故障の原因にもなるためダイスが下に下りきるまで解除レバーを押す必要があります。


リョービ 電気のこぎり ASK-1000 を買取ました

セーバーソーやレシプロソーなど工具買取は工具買取エスクラインにお任せください。
メーカー:リョービ RYOBI
工具名:電気のこぎり ASK-1000 電のこ セーバーソー

リョービ 電気のこぎり ASK-1000 を買取ました

大阪市西成区にてリョービの電気のこぎり(レシプロソー)を買取ましたよ。
数回使っただけの工具で倉庫に放置されていたそうです。
日曜大工用として購入されたそうですがご高齢で操作も怖くなったので当店が買取させていただきました。
もうそろそろ年末も近づくし、そろそろ倉庫を片付けようとしたら工具が何点か出てきたそうでお孫さんに当店の工具買取ページを探していただいたそうです。
ご高齢の方からの工具買取のご依頼はお孫さん経由でお電話いただくことが多いです。
なお倉庫の中には工具の他に釣具や楽器類もたくさん入っていましたが一緒に買取させていただきました。
エスクラインのメイン買取品目は工具ですが、出張したときもしくはお電話いただいたときに工具以外もあるよと言っていただければ査定させていただいております。
家具など扱っていないものもありますがトラックに積載できるようなものでしたら大概のものは買取させていただいておりますので、何でもおっしゃってくださいね。
柔軟な対応が当店の自慢です。

もちろん一番の自慢は工具買取です。
もし査定額が多店様より安かっても連絡いただければ可能な限りの限界価格は出させていただいています。
査定価格地域ナンバー1を目指しています。
工具買取のことなら是非エスクラインにお任せくださいね。

工具買取エスクラインのLINE査定のやり方

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具の買取は実績豊富なエスクラインにお任せください。
工具買取エスクラインへの工具のLINE見積もりはこちらからです。
工具のLINE査定は友だち登録から

 

※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具買取エスクラインは盗難品の流通を阻止します。 工具買取エスクラインはコンプライアンスを徹底し、盗品の流通を阻止します。
警察や関連団体とも連携し盗品流通撲滅を目指します。

工具買取エスクラインが教える工具の盗難防止対策は左の画像をクリック!!

1.レシプロソー セーバーソーの概要

レシプロソーは往復式のノコギリで、セーバーソーはサーベルノコギリであるという定義があります。
基本的には電動工具として扱われ、メーカーによって同じものでも呼び名が違うことが特徴です。
電動で動くのこぎりのため解体作業や分解作業などで用いられ、火花をほとんど出さないため金属管やパイプの切断などにも使われます。
ブレードは使用用途に合わせて選べ、鉄工用だけでなく木工用、ALC用、リフォーム用など好みに合わせて決めると便利です。

2.レシプロソー セーバーソーのメーカーなどについて

メーカーはレシプロソーがマキタやパナソニックなどで、セーバーソーは日立工機やボッシュなどがありカタログに表記されています。
レシプロソーはマキタがメジャーで、コンパクトさを重視したワンハンドタイプのものが有名です。
レシプロソーは日立工機がメジャーで、ブラシレスモーターと低速度制御で作業を効率化できます。
機種はAC電源式や充電式、ハンディ型、Dハンドル型があり、切断する材料の厚みや材質に応じてブレードを選ぶと効果的です。

3.大まかな使い方や作業における注意点

材料の切断や庭木の剪定や現場作業など様々な用途があります。
充電式はコードがなく様々な場所に移送して使えますが、重さがあると手首に負担がかかるものです。
頻繁に使う場合は振動によるブレを抑えて疲労防止をするなど工夫し、最大切断能力や寸法を確かめて決めるとスムーズにできます。
作業現場は粉塵や水滴が飛ぶため、防塵防滴のレシプロソーを選ぶと便利です。
オービタル機能は切断速度を早くすることができますが、切断面が粗くなるなどのデメリットもあります。選ぶポイントは人それぞれですが、操作性や価格だけでなくメンテナンスやアフターサービスがないと故障した場合に困るものです。
レシプロソーは中古にすると価格が安くなりますが、海外製だと信頼度が落ちることや故障しやすくて修理するために費用がかかります。
作業における注意点は状況に応じて最適なブレードを選び、手首に負担がかからないようにすることが大事です。


マキタ 常圧コンプレッサ AC700を買取ました

コンプレッサーなどエアー工具買取は工具買取エスクラインにお任せください。
メーカー:マキタ
工具名:エアコンプレッサ AC700 常圧 50/60HZ

マキタ 常圧コンプレッサ AC700を買取ました

大阪府箕面市にてマキタの常圧コンプレッサーを買取ました。
少し古い釘打ち機用のコンプレッサーです。
このコンプレッサーの他にも釘打ち機がたくさんあるからとのことで工具買取にお伺いしましたが、釘打ち機は残念ながらすべてエアー漏れがあり買取はできませんでした。
釘打ち機などのエアー工具は古くなるとパッキンなどの樹脂部品が破損して使えなくなるものが多くなってきます。
またその工具が廃盤になってから5年くらいはメーカーも部品を置いているので修理ができるのですが、5年より古い工具は部品の入手ができないため買取ができなくなる場合が増えてしまいます。
そのためにエアー工具の買取につきましては電動工具と比較して査定時の動作確認も少し時間がかかりまのでご了承をお願いいたします。

さて今回のコンプレッサーの買取は依頼者様のお亡くなりになったご親族の遺品整理に伴う買取でした。
ご家族様が大工や工場を経営されていてその後、何らかの理由で大量の工具の片づけができなったというご相談をよくいただきます。
餅は餅屋というように工具買取はエスクラインにお任せください。
当店は工具専門の出張買取店です。
「片づけに困っとった工具、買取してもらってすっきりしたわー。」
というお声も良くいただきます。
売れる工具を捨ててしまっては本当にもったいないです。
業務用・園芸用・DIY用と問わず工具全般を買取しています。
工具買取のことなら是非エスクラインにお任せくださいね。

工具買取エスクラインのLINE査定のやり方

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具の買取は実績豊富なエスクラインにお任せください。
工具買取エスクラインへの工具のLINE見積もりはこちらからです。
工具のLINE査定は友だち登録から

 

※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具買取エスクラインは盗難品の流通を阻止します。 工具買取エスクラインはコンプライアンスを徹底し、盗品の流通を阻止します。
警察や関連団体とも連携し盗品流通撲滅を目指します。

工具買取エスクラインが教える工具の盗難防止対策は左の画像をクリック!!

1.コンプレッサーの概要

コンプレッサーといえば圧縮空気を作る工具と知っている人は当たり前に知っていますが、工具や自動車に興味のない方なら???な状態かもしれませんね。
自動車屋さんやガソリンスタンドを利用した方は多いと思いますが、タイヤに空気を入れたりするときもコンプレッサーで圧縮された空気を利用しています。
簡単に機構を言いますと、シリンダー内をピストンが上下し空気を圧縮します。
その圧縮された空気をタンクに溜め、エアホースなどに繋いで圧縮空気を取り出すための工具になります。

2.メーカーなどについて

メーカーとしましては国産だけでもマキタ、ハイコーキ、マックス、明治、岩田など有名メーカーだけでもかなりの多くのメーカーがあります。
使用する用途により選択肢も多岐にわたります。
釘打ち用、工場などの大型タイプ、エアーの吹き飛ばしなどの清掃用などに大別できると思います。
また廉価版などとりあえずエアブローができたらいいなという方でしたら藤原産業や高儀など安いメーカーの工具もありますが安い価格帯でも充分品質のいいものもそろっているので外国メーカーよりも安心してご使用いただけるのではないかと思います。

3.使用上の注意点について

使用するにあたってはドレンコックを閉じてスイッチを入れるくらいと簡単です。
が、タンク内は常圧コンプレッサであっても非常に強い力が加わります。
保管状況や使用後のエア抜きをきちんとしていないとタンクに水がたまり錆びやすい状況になります。
錆からタンクに穴が開いたりすると非常に危険です。
使用後は必ずエアーを抜いてください。
またドライヤーを間に挟むことでも対策ができます。
ドレン部分が簡単な機種だとドレン語と外してゆすってやるとたまった水も抜きやすいかもしれません。

 


サカイ 卓上フライス盤MM250S3を買取ました

フライス盤や旋盤など工具買取は工具買取エスクラインにお任せください。
メーカー:サカイマシンツール
工具名:卓上フライス盤 MM250S3
テーブル面積:145mm×350mm
テーブル移動量:左右 250mm  
前後 100mm
ヘッド移動量:225mm(上下)
クイル移動量:30mm(上下)
主軸端面よりテーブル上面までの最大距離:225mm
主軸テーパー:BT20番
主軸回転数:インバーター制御 無段階0~3100rpm
モーター:BLDCモータ出力750W
機械の高さ:675mm
所要床面積:700mm×530mm
重量:86Kg
入力電源:AC100/110V50/60HZ

サカイ 卓上フライス盤MM250S3を買取ました

サカイマシンツールの卓上フライス盤を買取ましたよ。
大阪市都島区での買取です。
趣味の模型で金属部品を加工するために購入されていたそうですが、ご高齢で工具の扱いが難しくなりたくさんの工具を整理するために買取のご依頼をいただきました。
画像には移していませんがドリルや電子シャー、グラインダーなどの電動工具をはじめ鉄工やすりやドライバー類、レンチ類と本当にたくさんの工具を買取させていただきましたよ。
ご本人様からは
「趣味で買っただけの工具やからたいしたもんはない。」
とお電話で伺っていましたが出張買取にお伺いしてびっくり。
プレハブの作業ブースの中に国内・海外問わず一流メーカーの工具がどさっと山盛りあって査定も結構大変でした。
小型の旋盤やボール盤なども買取ましたが、ご自宅の裏庭が保管場所で通路も狭く搬出も大変でしたがいい工具の買取ができましたよ。
もちろんご依頼主様にも喜んでいただける高額査定での買取をさせていただきました(^_-)-☆

さて工具買取エスクラインには相続でお父様やご家族様の大量の工具を受け継ぎ処分に困っているというようなご依頼を決行いただきます。
沢山あるけどどうしたらいいのかわからずほとんど捨ててしまった後に連絡をいただくことも良くあります。
「こんなもんが売れるんやったら早く電話したらよかったわー・・・」
というため息も良く伺います。
捨ててしまっては本当にもったいないです。
そういう時は是非工具買取エスクラインにお電話下さい。
業務用・園芸用・DIY用と問わず工具全般を買取しています。
工具買取のことなら是非エスクラインにお任せくださいね。

工具買取エスクラインのLINE査定のやり方

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具の買取は実績豊富なエスクラインにお任せください。
工具買取エスクラインへの工具のLINE見積もりはこちらからです。
工具のLINE査定は友だち登録から

 

※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具買取エスクラインは盗難品の流通を阻止します。 工具買取エスクラインはコンプライアンスを徹底し、盗品の流通を阻止します。
警察や関連団体とも連携し盗品流通撲滅を目指します。

工具買取エスクラインが教える工具の盗難防止対策は左の画像をクリック!!

卓上フライス盤の概要

フライス盤という工具をご存じでしょうか?
といっても主婦の方や営業職や魚屋さんなどの職種だと聞いたこともないかもしれませんが、金属加工をする上では一般的な工具になります。
構造としましてはボール盤は穴あけに特化した工具でまっすぐ垂直方向にドリルを下ろしながら穴あけするのに対しフライスはドリル(エンドミル)が上下左右前後に動きます。
前後左右上下に動くことでボール盤では垂直方向にしか穴あけ加工ができなかった動作がフライスでは穴をあけたり長穴にしたり、面で削ったりという加工ができるようになった工具となります。

2.メーカーなどについて

メーカーとしましては海外・国産問わず各メーカーのものがあります。
家庭でのホビーユースなら3万円程度でも入手できる海外の格安メーカーでも問題ないでしょうが、精度の要求される切削加工が要求される場合はやはりマシン制度が重要になります。
テーブルなどにガタがあったりハンドルにぶれがあるようでは精度加工はできません。
どうしても精度の高いものは価格も上がってしまいます。
加工対象に対してどれだけ金額が許容できるかというのも重要な選定ポイントになると思います。

3.フライス盤捜査の注意点について

回転工具はフライス盤に限らず熟知していないと非常に危険な作業となります。
作業には長袖・長ズボン・靴・安全めがねを必ず着用して作業を行ってください。
また長袖といってもだぶだぶすぎる服で作業をすると巻き込まれる危険性が格段に上がるので絶対にしないでください。
当然ですがサンダル履きなどは厳禁です。
また髪の長い女性などの場合は必ず髪は束ねて作業してください。
また手袋をしての作業はいけません。回転する刃物や切削屑に巻き込まれて大けがをする可能性が高まります。

それとどんな作業も共通しますが加工終了後は必ず掃除をし、次の人が気持ちよく使えるようにしてください。
簡単に掃除をするだけでも機械の品質維持がしやすくなります。
また運用ノートなどに機械の破損・不具合があった場合は、使用記録にその旨を記入した上、作業者で状態の情報共有を行うといいと思います。

 


鶴見 家庭用水中ポンプ買取ました(大阪市大正区)

水中ポンプなど工具買取は工具買取エスクラインにお任せください。業務用・DIY用問わず買取ます。
メーカー:鶴見製作所 
工具名:ニューファミリー水中ポンプ FP-10E

鶴見 家庭用水中ポンプ買取ました(大阪市大正区)

鶴見製作所の家庭用水中ポンプ FP-10Eを買取ました。
大阪市大正区での工具の買取になります。
エスクラインの工具買取は事業者様・プロの方からの買取が多いのですが今回は園芸用として購入された工具の買取です。
お風呂の水を家庭菜園の畑にまこうと購入されたそうですが数回使っただけで面倒になり結局倉庫に放置されていたそうです。
このほかにも使っていない草刈り機やヘッジトリマも買取さていただきました。
お盆前に倉庫の整理を大々的にされたそうでその時に当店のホームページをネット検索していただいたそうです。
今回のような工具買取の依頼も結構あります。
そういうDIYや園芸用の工具買取ご希望のお客様で結構いらっしゃるのは
・元が安い工具だけど買取してもらえるんやろうか?
・ドライバーとか手工具が錆かけとるけどどうなんやろう・・・
・重たいので工具を近くのリサイクルショップに運ぶのが大変・・・
・実家の方付で大量の工具があるがどうしていいか?また買取してもらえるのかもわからない・・・
などという疑問や不安をお持ちの方が結構いらっしゃいます。
そういう時は是非工具買取エスクラインにお電話下さい。
業務用・園芸用・DIY用と問わず工具全般を買取しています。
工具買取のことなら是非エスクラインにお任せくださいね。

工具買取エスクラインのLINE査定のやり方

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具の買取は実績豊富なエスクラインにお任せください。
工具買取エスクラインへの工具のLINE見積もりはこちらからです。
工具のLINE査定は友だち登録から

 

※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具買取エスクラインは盗難品の流通を阻止します。 工具買取エスクラインはコンプライアンスを徹底し、盗品の流通を阻止します。
警察や関連団体とも連携し盗品流通撲滅を目指します。

工具買取エスクラインが教える工具の盗難防止対策は左の画像をクリック!!

水中ポンプの概要

水中ポンプとはその工具の名前が示すように水をくみ上げて排出・移動させるための工具です。
家庭用・工事用問わずだいたい操作方法としては電源のコンセントをつなぐだけというシンプルなものが大半になると思います。
排水したい場所にポンプを置き、そしてホースを繋げ排水場所を確保し、そこに排水するだけです。
また、ポンプには電気線も付いているので、その電気線も共に接続し、そしてスイッチを入れるだけのことです。
排水部分は送水ホースを繋ぐ部分がポンプ本体側がタケノコ式になっているので、奥までしっかりとホースを差しこみ、そしてしっかりとホースバンドて使用する具合になります。

メーカーについて

国内の優良メーカーとしては鶴見製作所・荏原・新明和・寺田ポンプが有名ですね。
水ポンに限らずすべての工具を買取する場合もメーカーは最重視します。
もし購入した工具を売却することまで視野に入れるとしたら性能や耐久性の他にもメーカーの人気も考慮した方がいいのかもしれません。

私用における注意点

一般排水用とかですと圧はたいして強くもなく怪我の心配も少ないのですが、消防の放水に使うような水圧の強いモデルを使用する場合はしっかりと固定していなければ排水中に外れホースが暴れだし危険です。
また電動ポンプで雑な扱いをすると電線のケーブル被覆に傷がつき、破れていないかも使用前にはよく確認したいものです。
漏電⇒感電といった事故につながる恐れもあります。
100Vですとびっくりするくらいで済むかもしれませんが200Vだと大けがになる可能性が格段に上がります。

事故につながる注意点ではありませんが、排水したい場所よりも低いところでポンプを据え付けると、サイフォンと言う現象になり水が逆流することがあります。
本当に稀にですがうっかりとそういったことがあり、いつまでも排水出来ないこともあります。
ですので、小型の揚程の小さい工具を使う場合はよく注意して使用ください。
基本的なことを知らなければいつまでも水中ポンプは回り続け、またいつまでも排水は終わることが出来ません。

水中ポンプはケーシングのところが良くゴミなどで詰まるので細かく取ってやることも大事です。
しっかりと日々の点検をすることで能力を最大限活用することができます。


キトー レバーブロック を買取ました。(大阪府堺市)

レバーブロックやチェーンブロックなど工具買取は工具買取エスクラインにお任せください。
メーカー:キトー
工具名:レバーホイスト ローディレバー LL-101 1.5t 1500kg

キトー レバーブロック を買取ました。(大阪府堺市)

キトーのレバーブロックを買取ました。
大阪府堺市の運送屋さんからの工具の買取です。
かなり昔にたくさん購入されたそうですが倉庫で放置されていた工具が倉庫の方付で出てきたそうです。
今回は5台の買取でした。
画像の工具の箱はきれいでしたがそれ以外の4台はネズミ?にかじられたような食い散らかしたような状態でしたよ( ゚Д゚)
しかし工具自体はきれいでいい買取ができましたよ。
レバーブロックといえば普通?に暮らしているとなじみの薄い工具かもしれませんが
物流関連、倉庫関連、大工さんや設備屋さんなどなど幅広い業界で使用される工具です。
特にキトーといえば象印と並ぶ2大ブランドですので買取してもすぐに買い手さんがつく工具です。
どんどん買取していますのでどんどんお電話くださいね。
チェーンブロック類の買取はエスクラインがお進んでですよ。
お客様によくびっくりされるのは
『こんな錆びた工具も買取してくれんねや!!』
『捨てよ思ってた工具やけど買取してくれんのんや!!』
というお声です。
お客様に喜んでいただけるのがエスクラインの喜びです。
工具の買取のことなら是非エスクラインにお任せくださいね。

工具買取エスクラインのLINE査定のやり方

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具の買取は実績豊富なエスクラインにお任せください。
工具買取エスクラインへの工具のLINE見積もりはこちらからです。
工具のLINE査定は友だち登録から

 

※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具買取エスクラインは盗難品の流通を阻止します。 工具買取エスクラインはコンプライアンスを徹底し、盗品の流通を阻止します。
警察や関連団体とも連携し盗品流通撲滅を目指します。

工具買取エスクラインが教える工具の盗難防止対策は左の画像をクリック!!

レバーホイストの概要

チェーンを用いることにより資機材等を吊りあげる動作を行う工具です。
また、資機材等を締め付けめことも可能です。
使用用途としては、鉄骨に発生している歪を除去することや、資機材等をなど手前に寄せることに使用します。
先端にはフックの付いたチェーンが取り付けられており、これを用いて資機材等をくくったりします。
また、締め上げるときはレバーを手で回すことにより動作させることが可能です。
チェーンには腐食防止対策としてメッキ加工がなされているものもあり、耐久性に優れています。
また、安全設計を考慮しているため、誤作動や誤設定等により設定値以上の力が込められたときは、安全装置を搭載しているものについては、それらが作動してロックがかかり、動かなくなります。

メーカーについて

やはり有名なのはキトーと象印ではないでしょうか?
国産の2大メーカーですね。
またバイタルやニッチも信頼のあるメーカです。
上記のメーカーですといずれも安心してご使用していただけると思います。

使用方法などについて

先端のフックを固定点に引っ掛け、ハンドルを用いてチェーンを巻き取ることにより、資機材等の吊り上げや引き寄せを行います。
また、作業上の注意点として、次の事項に気を付けてください。
・ロードチェーンが変形したり傷付いた工具は、耐久性などが確保されていない可能性がありますので、使用しないでください。
・ロードチェーンをつり具代わりに資機材等に巻き付けないようにしてください。
・本体が支点になるような状態で使用するとバランスが崩れてしまうため、行わないようにしてください。
・ロードチェーンを鉄板等の角にあてて操作しないようにしてください。
・ロードチェーンを溶接作業のアースとして使用しないようにしてください。
・シタカナグが本体に干渉する位置まで、巻上げ作業をしないようにしてください。
・クサリトメリンクが本体に入る位置まで、巻下し作業をしないようにしてください。
・損傷を受けたり異音がするレバーブロックは、絶対に使用しないようにしてください。
・レバーを足で踏み付けるような操作はしないようにしてください。
・パイプを差し込み、持ち手を延長するような使い方はしないようにしてください。
・グリップが緩んだレバーブロックは、使用しないようにしてください。
・負荷をかけた状態で、長時間放置しないようにしてください。
・荷重が、フック中心の正しい位置に掛るように使用してください。
・衝撃荷重が負荷されないように、ロードチェーンのタルミを除去しから 巻上げ操作を行ってください。
・溶接等による火花が、レバーブロックに付着しないようにしてください。


落合の茶摘み機を買取ました(京都府南山城村)

茶摘み機 買取 京都

落合の茶摘み機を買取ました(京都府南山城村)

2ストエンジンの茶摘み機を買取ました。
京都府の南山城村まで出張買取しました。
こういう機械工具を斜めに持ったりするものは2ストロークエンジンのものが多かったですが最近は4ストロークのエンジンのものも出てきていますね。
こういう小型工具も環境に配慮されるようになってきたんだなと感慨深いものがあります。

今回の工具買取は画像にはありませんが一緒に草刈機も3台買取ました。
1台はジャンク状態でしたので修理して再販する予定です。
エスクラインでは農業用の機械工具も買取っているんですよ。
エンジン不動の中古工具でも買取可能な工具もある多数ありますよ。
まずはお電話で確認することをおすすめします。
捨てたらゴミですが買取してもらうとリユースされ地球環境にもいいと思います。

工具や道具の買取・お見積もりのご依頼受付中です。
どんどんお工具の買取依頼のお電話下さいね♪

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

茶摘み機などの買取実績はクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

茶摘機械のメンテナンスについて

茶摘み機や草刈機などの農業機械工具って皆さん、メンテナンスされているでしょうか?
農家さんは現在兼業農家さんも多数いらっしゃりメンテナンスをやる時間が取れないと言う方も多くいらっしゃると思います。
またメンテナンスを仕様と思っても仕事後にのどの渇きを癒すためビールをプシュッと開けたらもうメンテをやる気がなくなっちゃった・・・
という方も多いんじゃないでしょうか?
しかし農業機械工具って結構高価なものがたくさんあります。
少しのメンテナンスで状態を維持することは格段にアップできますので日常点検の時間を持つことをおすすめします。
といってもキャブレーターをオーバーホールしてなんてことはなかなかできないと思いますので簡単な機械の調子を維持するコツをお教えします。
・エンジンオフするときは燃料コックを閉めてキャブレーターの中の燃料が空になるようにして停止する。
 ※キャブレーターに燃料が残っている状態で長期保管すると燃料が劣化してキャブレーター内部がどろどろに汚れてきてしまいます。
  燃料コックを閉めてガス欠で止まった状態だとキャブレター内部はほとんど燃料が残らず汚れが少しでもマシになります。
・ヘッジトリマや茶摘み機などは刃に必ず専用オイルを使用前と使用後に塗布します。
 ※電動工具は刃が命。オイル塗布を怠ると刃の交換頻度が増えて返って維持費が割高になります。
・汚れはなるべく除去してください。
 ※汚れは余計な錆の原因になり機械工具の不調を招きます。ワイヤーブラシなどで汚れを除去するのがかんたんでおすすめです。

私の知り合いの農家さんは普段全くメンテナンスをしていません。
典型的な文系人間で機械工具の調子が悪いのを見るとすぐにあきらめてしまうようです。
ちょっとしたことですぐに農機メーカーのサービスマンを呼んで修理してもらっているそうですがちょっとのことでも来て貰うだけで1万円くらい必要です。
自分でできることはやっていったほうが機械に愛着もわくと思いますしなにより余計な出費も抑えられるのでおすすめですよ。
大概の農機って構造は簡単ですので調子が悪いときは順を追ってメンテすることが大事だと思います。


カテゴリー

工具の選び方

買取実績

店長の日記

キャンペーン情報

 

◆◇◆ 会社概要 ◆◇◆

【 ショップ名 】
リサイクル・工具・家電買取
エスクライン 大阪買取支店
大阪府大阪市此花区
朝日2丁目18番8号3F-415
※店頭買取は行っていませ
ん。出張専門買取店です。


【 電話番号 】
0120-933-689

【 メールアドレス 】
info@otakara-kaitori.net

【 大阪買取支店google 】
工具買取 エスクライン
大阪支店


【 古物営業許可証 】
第631400900022号
兵庫県公安委員会

プライバシーポリシー

QUOカードプレゼント中!!


ただいまQUOカードプレゼント中!!
詳しくはキャンペーンのご案内から
ご確認ください。

タグクラウド

お役立ち情報

買取情報【工具】

工具の使い方

facebook

エスクライン大阪店のgoogleマイビジネス

トップページ 買取品目 買取手順 Q&A 出張範囲 会社概要 お問合せ 保護者同意書  
買取実績 高く売るコツ キャンペーン 大阪で工具を売るなら プライバシーポリシー