マキタ高圧ピン打機AF501HPを買取実施(阿倍野区)

買取実績(兵庫,大阪,神戸,京都など関西全域の買取実績)

マキタ高圧ピン打機AF501HPを買取実施(阿倍野区)

マキタ 高圧ピンタッカを買取ました。高圧釘打ちは需要も高く高価買取可能です。
【ピンタッカ】 
メーカー:マキタ Makita 
工具名:50mm 高圧ピンタッカ AF501HP
使用ピン:15~50mm 
使用空気圧:0.98-2.26MPa 

マキタ高圧ピン打機AF501HPを買取実施(阿倍野区)

本日の買取はピッカピカのマキタ 高圧ピン打ち機AF501HPです。
画像では本体しか写っていませんがケースや説明書・保護めがねなど付属品も全て揃っていました。
高圧エアツールは需要も高く、また市場に出回る数も豊富なわけでもないのでどんどん高価買取していますよ。

ここで釘打ちを買取に出す場合の注意点をご紹介します。
電動工具の30年位前のものはまだ修理もできるケースが多く安くなっても買取できるケースはよくありますが、釘打ち機は廃盤になって5年ほどすると部品供給も停止して買取ができないケースがよくあります。
またこの工具は内部に樹脂やゴムなどのシール類がたくさん入っています。
工具の使用時にはオイルも一緒に使いますがこのオイルと高速のピストン動作でかなり過酷な環境になっています。
ほとんど使っていなくても古い釘打ちは中身のシール類がボロボロで使えないことはよくあります。
また専用部品も多くシール類が入手できないと修理もできないので古すぎる釘打ちは買取が困難なこともあります。

さて少し話は工具の買取からそれましたが工具買取エスクラインでは貴重な工具・レアな工具、需要の高いものはどんどん高価買取しています。
関西随一の高価買取で日々どんどん買取していますよ。
だからもちろん工具を売るならエスクラインがおすすめ!!
徹底したコストダウンで高価買取を実現していますよ。

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

高圧釘打ち機についてのコラム

高圧釘打ち機は、よく建築現場や建設現場で、一軒家を建てる時に職人や左官の方が、釘を柱を組む際に使用する定番の工具の一つとなります。
高圧釘打ちで注意点としましては、基本的に木材に限定した手動機械となります。
木材、またはそれに類した材料を木材に止めることを目的とされた工具でありますので、それ以外の別の用途には使えない形になります。
使い始める際にはその辺りのポイントを抑えてなくてはなりません。
また作業中断時には、必ずトリガーのロックを掛けなければなりません。
それを怠ると過って別の人が踏んだ際にくぎが飛び出してしまったりします。
(大概の釘打ちは安全のためコンタクト部を押し当てないと動作しないようになっていますが古い工具などはコンタクト部を押し当てていなくてもくぎが出るものもあります)
怖い災害事例があるのですが、世界の衝撃映像でも出たことがあるのですが、アメリカ地区の職人の方が過って工具のトリガーを引いてしまい、自分の頭蓋骨の中にくぎが埋没してしまうと言う恐ろしい事態が発生したそうです。
本人は奇跡的に気づいておらず、その夜にベッドに横たわった時に頭に激痛が発生したので病院に行った所、釘打ち機で放たれた釘が頭のいたる所にある急所をくぐり抜けて頭蓋骨を貫いて、頭の中に埋まっていたと言う話しでした。
急所を幸いにも全て避けられていたので、手術をして奇跡的にくぎを取り出せて後遺症もなく一命を取り留めたのです(*゚▽゚)
このような災害事例は日本の建設現場でも大いに起こる可能性がありますので、高圧釘打ち機を使用する前には、特に初心者であれば尚更で説明書を熟読した方が良いでしょう。
また現場の監督の指示は必ず遵守してください。
それと安全作業のためには、必ず保護メガネを使用することです。
くぎが折れて目に向かってくる場合もありますので、必ず保護メガネをすること。
また、これは徹底しなければならない事項になるのですが、建設現場等ではどんな危険があるか分からないので、作業環境に応じた保護具・防具を着用することです。
具体的には基本装備となります、安全帽や安全ヘルメット、保護靴を着用しておくことが望ましいでしょう。
自分が怪我をするだけならまだマシですが他人を巻き込んだ重大事故になる可能性もあるのでしっかりと安全について意識した作業をお願いします。


湿式/乾式両用のグラインダを買取ました(大阪市城東区)

グラインダーを買取ました。グラインダーの買取もエスクラインです。
【刃物研磨機】 
メーカー:TOYS
工具名:水研両用グラインダー MD150/200WS 
定格:AC100V 50/60HZ 
回転数:2950/3500rpm/min(乾) 134/158rpm/min(湿) 
砥石寸法:150mm(乾) 200mm(湿) 

湿式/乾式両用のグラインダを買取ました(大阪市城東区)

本日の入荷した工具は湿式/乾式両用のグラインダです。
大阪市城東区での買取でしたよ。
このグラインダーは箱はありませんでしたが未使用品でしたよ。
ちょうど刃物研磨機を欲しがっているお客様がいらしたので査定価格も高めで買取させていただきました。
この工具の査定価格は今回は5,000円でした。
今回の工具のように需要が高い、もしくは探している人がいる状態だと高価査定がつけやすくなりますよ。
ただし欲しい人が待っているかどうかは当店スタッフしか把握できないのでこういう工具を売るときはラッキーだと思います。
しかし通常の工具の査定でもエスクラインは工具専門の買取店としてどこにも負けない自信があります。
エスクラインではお客様の同意なしの押し買いは行っていません。
商品の搬送はお客様に買取代金を支払ってからトラックに積み込みを行ないます。
ですので納得のいかない買取は発生しないんですね。
悪徳業者かどうかの判断は先に買取代金を支払うかどうかというのも判断材料になると思いますよ。
だから買取価格ももちろんエスクラインがおすすめ!!
徹底したコストダウンで高価買取を実現していますよ。

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

インパクトドライバーについてのコラム

両頭グラインダーは、自由研削砥石とも言われおりまして、主に学校施設では、工業高等学校の機械科における実習場や、職業訓練校の生産技術科等の科の実習棟に設置されています。
用途としましては、汎用旋盤加工における研削バイトの簡易的な研ぎをしたり、ドリルで下穴が切削できなくなった際にドリルに角度を再度付け直すためと、切れ味をよくするために、研削と石で加工するようなイメージとなります。
研削と石を使用する場合は、必ず特別教育を受けなければなりません。
受けてない状態であれば、教官に付いてもらい、指導を受けながら使用すると言うのが一般的な使用方法になります。
自由研削と石の危険な点としましては、死亡例もあるのですが、力を当てて研削しすぎると、と石が劣化している場合や、極端な力が加わった場合には、と石自体が割れて、高速で自分自身に飛びかかってくる恐れがあり、それで過去に死亡事例があったと言うことも聞いておりますので、取り扱う際には十分に注意が必要になります。
また、グラインダーの一般的な用途としましては、バリ取り、サビ取り、研磨が一般的な加工方法となります。
よく私がグラインダーを加工していた例としましては、バリ取りや錆落としでで使用しておりました。
買取業務で仕入れた錆びた工具のお手入れでもグラインダーは大活躍します。
また鑿や鉋の刃がボロボロな工具に対しては平面を出すための荒研ぎ用にも使用しています。
グラインダーの人気機種としましては、手元の作業領域を照らすライト、研磨屑や火花が目元へ向かうのを防ぐアイシールドが附属している防護関係が強化されていたり手元が見易く作業できるライトが附属している両頭グラインダーを選ぶと操作性も良くておすすめです。


マキタ インパクトドライバ TD170D 買取ました

インパクトドライバを大阪で売るならエスクラインがおすすめ
【インパクトドライバ 充電式】 
メーカー:マキタ Makita 
名称/型番:充電式インパクトドライバ TD170DRTXB 
定格:DC18V 5.0Ah 
回転数:0-1100/0-2100/0-3200/0-3600rpm/min 
打撃数:0-1100/0-260/0-3600/0-3800回/min 

マキタ インパクトドライバ TD170D 買取ました

本日の工具買取の商品はマキタ 18vのインパクトドライバーです。
大阪府高石市での買取ですよ。
この他にもセーバーソーやハンマなどもたくさん買取ましたよ。
解体業者さんからの買取ですがこの方のお気に入りはマキタのようで工具は全てマキタ製でした。
国産の工具ならやっぱりマキタや日立なら安心の2大ブランドですよね。
この2社のものでしたら古い工具でもどんどん出張にて買取していますのでどんどんお問合せください。
エスクラインは出張買取サービスです。
店頭買取は行っていません。
出張買取なら重いものをイチイチ店頭に持ち運ぶ必要もないのでとっても楽チンと好評をいただいています。
買取価格ももちろんエスクラインがおすすめ!!
徹底したコストダウンで高価買取を実現していますよ。

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

インパクトドライバーについてのコラム

解体業はなどのお仕事はインパクトドライバーをメイン工具として作業する方も多いと思います。
古いインパクトドライバは回転+打撃くらいで数十年前の9.6Vではパワーも弱く使い勝手も悪いですね。
しかし最近のインパクトドライバは回転+打撃だけでなくライトがついたりして暗いところでも問題なく作業できますね。
また重量も軽量のものが多く、ヘッド部分も短くなって狭いところでも作業性が上がっています。
持つ場所が滑りにくい仕様になっていて作業がしやすく床に落下することもなく使用できました。
画像の工具はマキタのものですが個人的にフォルムがカッコいいとので好きです。
バッテリは5.0Ahで充電の持ちもとてもよくいちいちバッテリーを取り替える手間も省けそうです。

さてインパクトドライバに限らずすべての電動工具にも共通ですが、多少の雨なら大丈夫なんですが水たまりや豪雨には耐えられません。
作業中にゲリラ豪雨などが発生すると濡れる前に工具をしまうことができずに雨に濡れて工具を壊してしまったと言うお話をちょくちょく伺います。
屋外作業の場合は工具類はなるべく晴れていても屋根のある場所において作業することが寛容と思われますよ。

さてビット部分の先が折れてしまい折れた部分がインパクトの先に詰まってしまうことが時折発生するかと思います。
ビットの中間付近で折れていればバイスグリップなどでつかめるので外し易いです。
しかし最悪なのは根元で折れた場合です。
その場合は折れたビットを取り出すためアンビル部分のCリングを外して分解して外すしかない場合もあります。
注意してくださいと言いたいところですがこればっかりはどう仕様もありませんね。
ただ錆びたビットや古いビットを使うのは避けたほうが良いと思います。

それと工具を使って締め付け作業などをするとき、手袋をしている場合もあると思います。
素手の場合も同じなんですが回っているビットに絶対に触れないようにしてください。
手袋が巻きついて大怪我をする場合もありますので・・・


日立 145mm 丸のこ FC5MAを買取ました

マルノコの買取はエスクラインにお任せください

メーカー:日立工機
工具名:日立工機 丸ノコ 145mm FC5MA
100V 50/60Hz 800W 定格 30分
8.4A 5100min
最大切り込み 46mm
木工用 超硬丸ノコ140-145mm
重量:2.2kg

日立 145mm 丸のこ FC5MAを買取ました

今日は大阪府八尾市で日立の丸のこを買取ました。
2006年製の丸のこです。
大工さんが廃業されての工具の買取でした。
このマルノコは電源コードが切れていましたので買取査定は1,000円です。
あわてて作業をするとどうしても電動工具ってコードを引っ掛けて切ってしまったりしますよね。
仕方がないとはいえ断線させてしまうと査定にも影響しますよ。
このマルノコは残念ながら断線していましたが、箱も説明書もあったのでこの点は査定アップポイントになります。

工具の高価買取のコツをお教えしますね。
1.電源コードの断線など破損がないこと。
2.型番の記載されたシールが残っていること。
  (型番が分からないと外観よりの概算でしか査定ができなくなるためです)
3.付属工具、説明書、ケースなどが揃っていること。
4.別売りの不足品(マルノコだったらチップソーやカーボンブラシ、インパクトドライバーならビットなど)をつける。
5.ブロワなどで切りくずや油汚れを簡易除去しておく。
  (切りくずや油だらけだと外観のチェックがしにくいためです。ただし汚れたままでも大丈夫です)
以上が高価買取のコツです。
やっぱり大事に使われてきた工具です。
1円でも高く売りたいですよね。
ただ断線など破損してしまったものは隠さずにそのまま申告していただいたほうが当店としても助かります。
不具合を見抜けなかったら当店の責任ですが、やっぱり工具買取のプロと言っても人間です。
次回に工具買取のご依頼いただいたときにはやっぱり警戒してしまいますからね・・・

5項の事前にエアブローをしておくと言う点ですが、コンプレッサがなければもちろんやる必要はありません。
また忙しくてやる暇が無くてもやる必要はありません。
しかしあえて効果査定のコツとしてあげたのは工具を買取後の当店の作業工数が減るからです。
買取した工具は持ち帰ってまず外観のクリーニングを行ないます。
その後破損箇所のチェックを行い、破損箇所の修繕をしてからリユースされます。
エアブローだけの簡易清掃でも工具のメンテナンス時間に大きく影響するからです。
やっぱりキレイな工具の買取は気持ちの良いものなんです。

さて以上が大まかな買取のおすすめ手順になります。
必ずしもお守りしていただく必要はありませんが普段工具をお使いになるときは一応留意してくださいね。

工具を買取依頼するときはLINEが便利ですよ。
全体の画像と型番の画像を送っていただければ、ほぼずれのない買取価格をお知らせできるのでおすすめです。
※移りが悪い画像の場合は工具の画像の再送をお願いする場合もあります。
※破損箇所などありましたらその部分も画像添付していただければより正確な査定が可能です。
工具買取なら是非エスクラインまでご連絡くださいね。

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方


日立 LEDワークライトを買取ました(大阪市浪速区)

ワークライト、作業灯の買取もエスクラインへ!
【商品説明】
メーカー:日立工機
名称・型番:14.4V/18V コードレスワークライト UB18DGL 
連続点灯時間約11.5時間(弱モード) 
明るさ切り替え(強・弱) 
白色LED18W 100V、50/60Hz共用 
サイズ:252x256x198mm 

日立 LEDワークライトを買取ました(大阪市浪速区)

日立のワークライト買取ました。
大阪市浪速区での工具の買取です。
仕様予定があり大量に購入されたそうですが急遽使わなくなったそうで同じワークライトを3台買取させていただきました。
一応は中古工具にはなりますが本当にキレイな状態でしたよ。
この作業灯は14.4Vも18Vも共用です。
さらにAC100Vでも使用できるので非常に便利な工具ですね。
LEDですが白色光は広範囲を照らすので作業性もUPしますよ。
またボトムフックで単管に吊り下げても使用できる便利な工具です。

さて工具買取エスクラインはワークライトや作業灯も買取しています。
ただ元値が安いものや電球タイプ、古すぎる工具は買取できない場合もあります。
工具を買取依頼するときはLINEが便利ですよ。
全体の画像と型番の画像を送っていただければほぼ実際の買取価格をご提示できるのでおすすめです。
※判断が付きにくい場合は工具の画像の再送をお願いする場合もあります。
※破損箇所などありましたらその部分も画像添付していただければより正確な査定が可能です。
工具買取なら是非エスクラインまでご連絡くださいね。

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

ワークライト、作業灯について

暗くなった時間帯や機械のメンテで重宝する作業灯。
昔は電球タイプしかありませんでしたよね。
私の経験ですが昔工場勤務をしていました。
機械がトラブルになったときに作業灯を使って機械裏でメンテするんですが電球タイプだと発熱量がすごいんです。
狭いところに入り込んで作業しますがエアコンの風も当たらずさらに暑かったのを記憶しています。
また子どもの頃、井戸や水道付近の冬季の凍結防止に投光器を祖父が使っていたのを思い出します。

しかし最近の主流はLEDですよね。
古いLEDは照射幅が狭くイマイチでしたが最近は広角ランプも多く使いやすくなってきました。
また発熱量が少ないのは狭い場所でのメンテナンスに非常に助かりますね。
また電気代もかなり安いのがLEDのメリットでもあり、やっぱりおすすめはLEDです。
また寿命が長いのも助かりますね。

しかしそんな便利なLEDワークライトですが、工期が終了したりして使っていないものがある場合は売却した方が良いと思います。
どんな中古品でも共通した真実ですが新モデルが出ると中古相場もガクッと下がってしまいます。
不用な工具はどんどんエスクラインに売ってくださいね。


カテゴリー

工具の選び方

買取実績

店長の日記

キャンペーン情報

 

◆◇◆ 会社概要 ◆◇◆

【 ショップ名 】
リサイクル・工具・家電買取
エスクライン 大阪買取支店
大阪府大阪市此花区
朝日2丁目18番8号3F-415
※店頭買取は行っていませ
ん。出張専門買取店です。


【 電話番号 】
0120-933-689

【 メールアドレス 】
info@otakara-kaitori.net

【 大阪買取支店google 】
工具買取 エスクライン
大阪支店


【 古物営業許可証 】
第631400900022号
兵庫県公安委員会

プライバシーポリシー

QUOカードプレゼント中!!


ただいまQUOカードプレゼント中!!
詳しくはキャンペーンのご案内から
ご確認ください。

タグクラウド

お役立ち情報

買取情報【工具】

工具の使い方

facebook

エスクライン大阪店のgoogleマイビジネス

最近のコメント


    トップページ 買取品目 買取手順 Q&A 出張範囲 会社概要 お問合せ 保護者同意書  
    買取実績 高く売るコツ キャンペーン 大阪で工具を売るなら プライバシーポリシー