日立 切断機 CC12SA を買取ました(大阪市旭区)

日立 切断機 CC12SA を買取ました(大阪市旭区)

高速カッターの買取は工具買取エスクラインにお任せください。切断機など高価買取しています。
【高速カッター】
メーカー:日立工機
工具名:305mm 高速切断機 CC12SA
使用電源:単相100V 50hz-60hz
適合砥石サイズ:外径305mm×厚さ2.5mm×孔径25.4mm

日立 切断機 CC12SA を買取ました(大阪市旭区)

大阪市旭区の鉄工所にて日立工機の高速切断機を買取ました(^-^;
サブカバーは純正ではなくおそらく新ダイワのライトカッターの物が取り付けれれていましたが、まずまずの状態でした。
切断砥石の屑?は大量に固まって硬化していましたので除去しましたがモーターが無事だと修理はしやすいです。
底面のゴム足も交換したのでまだまだ使えそうな状態ですよ。
高速カッターの他にもバイスやボール盤なども多数買取させていただきました。
工場前がかなり狭い場所で重い工具の運び出しは結構手間取りましたが無事作業が終わった時には汗だくになりました…

さて工具って結構重いものがたくさんあるかとは思います。
そんな思い工具を売ろうとすると普通は工具買取店に持って行く必要がありこれが買取の時の障害になります。
大工さんや工場経営者様とお話ししていると
「ごっついことこの前重たい工具捨てたわ・・・」
というお話を伺います。
本当にもったいないですよ!!
その捨てる予定の工具、工具買取エスクラインが買取ます!!
重い工具も出張で買取ますので楽ちん、即現金化が可能です!!!
エスクラインの工具買取は見積もりだけでも出張費は無料ですのでどんどんお電話ください。
汚れたままでも大丈夫。
工具買取専門店ですので油汚れがあっても汚れがあっても工具はどんどん買取可能です。
専門店ならではの買取でご安心いただけると思います。
工具買取のことなら是非エスクラインにお任せくださいね。

工具買取エスクラインのLINE査定のやり方

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具の買取は実績豊富なエスクラインにお任せください。
工具買取エスクラインへの工具のLINE見積もりはこちらからです。
工具のLINE査定は友だち登録から

 

※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具買取エスクラインは盗難品の流通を阻止します。 工具買取エスクラインはコンプライアンスを徹底し、盗品の流通を阻止します。
警察や関連団体とも連携し盗品流通撲滅を目指します。

工具買取エスクラインが教える工具の盗難防止対策は左の画像をクリック!!


1.高速カッターの概要

高速カッターは高速で回る切断砥石を用い、鋼材やステンレス、ワイヤーロープ、鋳物などを効率的に切断する電動工具です。
見た目は卓上丸ノコに似ているものの、設置型で金属材料を切断するために使われます。
使用するときは作業台や床に設置し、材料を固定して使うため精度が高くなり狙い通りにできることが特徴です。
また、切断する角度は45度まで調整できてディスクグラインダーが苦手なパイプやアングル材にも対応でき、砥石のサイズが大きいため短い時間で厚みのある材料にも対応できます。
ただし、サイスが大きく重量が重くなるため、作業場所が限定されて移動しながら使いにくく建物などに固定された構造物には対応できないことがデメリットです。

2.高速カッターのメーカーなどについて

高速カッターのメーカーはマキタ、リョービ、HiKOKIの3社が有名で、それぞれの特徴を知ると選ぶきっかけになります。
マキタは全国に支店が多数あり、トラブルが起きてもサポートを受けやすいです。
電動工具は高品質で家庭向け、プロ向けと使用用途があり、修理費も他のメーカーよりも安くなります。
リョービはパワーがあって切断能力が高く、複数のモデルがあって最適なスペックのものを選びやすいことが特徴です。
HiKOKIはバイスを大きくして大きめ丸パイプも固定しやすく、アンダーカバーで砥石が床面と接触しないように工夫されています。

3.大まかな使い方や作業における注意点

使い方は切断砥石を設置して材料が動かないようにきちんと固定し、そのまま切断するとスムーズにできます。
作業時は手袋や保護メガネ、防じんマスクをつけ、金属材料であれば火花が出るため周りに燃えやすいものを置かないようにする必要があります。
屋内で作業をする場合は粉塵が散るため窓を開けて換気を行い、砥石の回転が完全に止まるまでは材料を取り出さないようにすることが大事です。
金属材料を扱う際には手袋を付けてやけどや怪我をしないように注意し、安全に作業ができる環境を作らないといけません。


カテゴリー

工具の選び方

買取実績

店長の日記

キャンペーン情報

 

◆◇◆ 会社概要 ◆◇◆

【 ショップ名 】
リサイクル・工具・家電買取
エスクライン 大阪買取支店
大阪府大阪市此花区
朝日2丁目18番8号3F-415
※店頭買取は行っていませ
ん。出張専門買取店です。


【 電話番号 】
0120-933-689

【 メールアドレス 】
info@otakara-kaitori.net

【 大阪買取支店google 】
工具買取 エスクライン
大阪支店


【 古物営業許可証 】
第631400900022号
兵庫県公安委員会

プライバシーポリシー

QUOカードプレゼント中!!


ただいまQUOカードプレゼント中!!
詳しくはキャンペーンのご案内から
ご確認ください。

タグクラウド

お役立ち情報

買取情報【工具】

工具の使い方

facebook

エスクライン大阪店のgoogleマイビジネス

トップページ 買取品目 買取手順 Q&A 出張範囲 会社概要 お問合せ 保護者同意書  
買取実績 高く売るコツ キャンペーン 大阪で工具を売るなら プライバシーポリシー