鶴見 水中ポンプ 50TMA2.4Sを買取ました

買取実績(兵庫,大阪,神戸,京都など関西全域の買取実績) -4ページ目-

鶴見 水中ポンプ 50TMA2.4Sを買取ました

水中ポンプなど工具買取はお任せください。水中ポンプの買取実績も豊富です。
メーカー:鶴見 ツルミ 
工具名:海水用 水中ポンプ チタンポンプ 50TMA2.4S-52 TM型 
吐き出し口径:50mmB 
形式:自動型 
出力:0.4KW 
相・電圧:単相100V 50HZ 
全揚程:9.3m 
吐出し量:0.08m3/min 
始動方式:コンデンサ運転 
重量:7.2kg 
異物通過径:10mm 

鶴見 水中ポンプ 50TMA2.4Sを買取ました

鶴見の海水対応のチタン水中ポンプを買取ました。
大阪市此花区の水道工事屋からの工具の買取です。
工事用として多数の工具を購入したのはいいけどそのまま使わずに倉庫に放置されていたものを買取させていただきました。
ほっといても使う用事がおそらくないだろうからとエスクラインに工具の買取依頼をいただきました。

社長にえらく気に入っていただき
「またいらん工具でてきたら兄ちゃんとこに買取だすわっ!!」
と言っていただけました。
こういうことを言われるとなおさら張り切って高額査定で買取してしまいますね( *´艸`)

ところでその社長さんからお伺いしたんですが、配管の水漏れなど簡単な作業での修理に宣伝をたくさんされている大手で依頼されたことはないでしょうか?
社名までは言えませんが、儲け至上主義で不要な工事や手抜き工事が横行しているところもあるそうです。
今回依頼いただいた社長は市にも登録している技術力の高い会社さんです。
知名度の高い会社の手抜き工事でかえってダメージが増した後処理も結構回ってくるそうです。
中には素人丸出しの工事の尻拭いもあるそうですよ。
見た目が華やかでも怪しいところは結構あると思います。
エスクラインの工具買取方針は見た目やええカッコしいのためにお金は使いません。
徹底してコストカットしていますので工具の高価買取が可能なんですよ。
工具の買取のことなら是非エスクラインにお任せくださいね。

工具買取エスクラインのLINE査定のやり方

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具の買取は実績豊富なエスクラインにお任せください。
工具買取エスクラインへの工具のLINE見積もりはこちらからです。
工具のLINE査定は友だち登録から

 

※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具買取エスクラインは盗難品の流通を阻止します。 工具買取エスクラインはコンプライアンスを徹底し、盗品の流通を阻止します。
警察や関連団体とも連携し盗品流通撲滅を目指します。

工具買取エスクラインが教える工具の盗難防止対策は左の画像をクリック!!

1.水中ポンプについて

水中ポンプとは建設現場などの土砂混入水の移送などに使用する水をくみ上げ排出するする工具になります。
用途に応じた種類があり、一般的な工場や工事現場で発生した水の移送に関しては工事排水用を使用し、汚泥が含まれるが固形物が含まれていない水の移送に関しては汚水用のポンプを使用します。

2.水中ポンプのメーカーについて

水中ポンプのメーカーですがもっともメジャーなのは鶴見製作所ではないでしょうか。
また荏原や寺田ポンプ 、川本製作所 、リョービなどからも発売されています。
それぞれ汚水や清水、工事排水用、海水対応品などが発売されています。

3.使用時における注意点

お使いになる時には感電の恐れがあるため濡れた手で電源コンセントやケーブルには触れないようにしましょう。
また電源ケーブルも動作前に傷や被覆の破れがないかよく確認してください。
被覆が破れた状態で使うと感電事故につながります。
使用方法としては電源を入れるだけの簡単な工具が多いですが感電事故の発生が高い工具ですので十分に注意してお使いください。
電源起動時においては水が一番多い場所に据え付けて使用をします。
水が少なかったり地盤が沈下している場所や汚泥や土砂などの汚泥を吸い込むと寿命が短くなりますので注意が必要です。
また水中というくらいですので空気中では運転してはいけません。
空気中で使用した場合、オーバーヒートの原因になり最悪故障をしてしまいます。
また定格稼働時間があります。
銘板に記載されているものが多いと思いますので稼動時間内での使用を心がけましょう。
寿命を縮める原因になりますので。。。
長期にわたって使い続けるには応じた使い方をしないと故障の原因となりますので泥などには汚泥用、工事現場から出た排水には工事排水用といった具合に役割に応じた工具を使用してください。


三和マルチメーターPC773買取ました(大阪市)

テスターなど計測器や工具買取はお任せください。型番が分かればLINEでも即査定可能です。
メーカー:三和 サンワ 
工具名:デジタルマルチメーター PC773 
直流電圧(V) 110m/1.1/11/110/1000 
交流電圧(V) 110m/1.1/11/110/1000 
直流電流(A) 110μ/1100μ/11m/110m/11 
交流電流(A) 110μ/1100μ/11m/110m/11 
質量(g) 360 
周波数(Hz) 110/1.1k/11k/110k/1.1M 
抵抗(Ω) 110/1.1k/11k/110k/1.1M/11M/110M 
動作方式 二重積分方式 
寸法(幅W×奥行D×高さH)(mm) 82×44×166 
サンプルレート(回/s) 最大約4(数値部) 
レンジ切替 オート及びマニュアル ダイオードテスト 
開放電圧:ほぼ電池電圧 
検波方式 真の実効値(AC結合) 

三和マルチメーターPC773買取ました(大阪市)

三和のデジタル式テスターを買取ました。
大阪市西淀川区の工場からの買取です。
電気部品の組み立て工場でお使いになられていた工具の在庫整理での買取です。
工具買取というと大工さんや工事関係の方というイメージが強いんでしょうか?
工具買取エスクラインにご依頼いただく買取の8割程度は大工さんや建築・建設・土木業のお客様からの買取になります。
上記以外では日曜大工の方もそれに続く感じです。
しかしなぜか工場からのご依頼が少ないんです。
工場はたくさんの工具も使っておられるはずですのにね。。。
当店のアピールの仕方が偏っているせいかもしれません。
要注意ですね。
しかし工場からの工具もバシバシ買取していますよ。
実は私も10年ほど工場勤務の経験があります。
工場で使う工具や道具もそれなりの知識がありますので安心してお任せくださいね。
古い工具でも使えるものであればどんどん高価買取していますよ。
エスクラインの買取は古いものもしっかりとした査定で高価買取できるのがおすすめのポイント!!
なんといっても工具専門の強みです!!
また重たい工具もお任せあれ。
店頭まで持って行かなくてもご指定の住所まで無料で出張可能です。
エスクラインの工具買取は出張買取専門です。
電話やLINEでご依頼いただき、工具の出張買取の打ち合わせをすればあとは全部当店が請け負います。
工具の査定はもちろん搬出まですべて当店のスタッフが行うのでらくちんな買取が可能ですよ。
工具のことなら是非エスクラインにお任せくださいね。

工具買取エスクラインのLINE査定のやり方

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具の買取は実績豊富なエスクラインにお任せください。
工具買取エスクラインへの工具のLINE見積もりはこちらからです。
工具のLINE査定は友だち登録から

 

※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具買取エスクラインは盗難品の流通を阻止します。 工具買取エスクラインはコンプライアンスを徹底し、盗品の流通を阻止します。
警察や関連団体とも連携し盗品流通撲滅を目指します。

工具買取エスクラインが教える工具の盗難防止対策は左の画像をクリック!!
 

1.デジタルマルチメーターの概要

デジタルマルチメーターとは、一台で電圧や電流、抵抗などの測定が出来る、デジタル式の測定機器を指します。
従来のアナログ式のメーターと比べると、より高精度であることや、表示がデジタルなので数値を読み取りやすいといったメリットがあると言えるでしょう。
また、デジタルマルチメーターには、持ち運びに便利なハンドヘルド型と、据え置きで使うベンチトップ型の主に2種類があります。

2.デジタルマルチメーターのメーカーなどについて

デジタルマルチメーターを製造しているメーカーとしては、三和や日置電機、共立がよく知られています。
三和の製品としては、小容量電路用のPM-3が有名であり、比較的価格が安いため、家庭用や初心者用として向いていると言えるでしょう。
次に日置電機の製品としては、3244‐60があり、透明なケースに入れた状態で測定出来るため、埃が多い場所で使っても故障しにくいという特徴があります。
そして共立の製品としては、KEWMATE2012Rがあり、真の実効値測定が可能なメーターにしては、価格があまり高くないというのがメリットです。
さらに海外のメーカーとしては、FLUKE(フルーク・コーポレーション)の製品が有名であり、耐久性や安全性、そして使いやすさという点で優れていると言われています。

3.大まかな使い方や作業における注意点

デジタルマルチメーターの使い方は、ファンクションスイッチでレンジを切り替え、テストリードを測定物に接続するというのが基本だと言えるでしょう。
ファンクションスイッチというのは、電圧や電流などのレンジを切り替えることが出来るスイッチであり、用途に応じて切り替えを行う必要があります。
デジタルマルチメーターを使用する際の注意点としては、ファンクションスイッチのレンジの位置を間違えないことや、測定範囲に合ったレンジで使用することなどが挙げられます。
また、スイッチの切り替えを行う際は、テストリードを測定物から外す必要があるということにも注意すべきでしょう。


カテゴリー

工具の選び方

買取実績

店長の日記

キャンペーン情報

 

◆◇◆ 会社概要 ◆◇◆

【 ショップ名 】
リサイクル・工具・家電買取
エスクライン 大阪買取支店
大阪府大阪市此花区
朝日2丁目18番8号3F-415
※店頭買取は行っていませ
ん。出張専門買取店です。


【 電話番号 】
0120-933-689

【 メールアドレス 】
info@otakara-kaitori.net

【 大阪買取支店google 】
工具買取 エスクライン
大阪支店


【 古物営業許可証 】
第631400900022号
兵庫県公安委員会

プライバシーポリシー

QUOカードプレゼント中!!


ただいまQUOカードプレゼント中!!
詳しくはキャンペーンのご案内から
ご確認ください。

タグクラウド

お役立ち情報

買取情報【工具】

工具の使い方

facebook

エスクライン大阪店のgoogleマイビジネス

最近のコメント


    トップページ 買取品目 買取手順 Q&A 出張範囲 会社概要 お問合せ 保護者同意書  
    買取実績 高く売るコツ キャンペーン 大阪で工具を売るなら プライバシーポリシー