工具買取エスクラインの教えるスライド丸ノコの選び方

工具の選び方

工具買取エスクラインの教えるスライド丸ノコの選び方

ここではスライド丸のこの選び方について私なりにまとめてみました。
ご参考にしていただければうれしく思います。
スライドマルノコ 買取 大阪

















 


工具買取エスクラインの教えるスライドマルノコの選び方

【スライド丸のこの特徴】
アームをスライドさせて切断する丸のこです。
制度を求める木材の切断に最適です。
手持ちの丸のこのように手ブレしないので、まっすぐ
きれいに直線切断ができます。
また角度付き切断も正確も可能です。
短所は手持ちの丸のこと比べ設置場所が必要で
あったり取回しが悪いこととなりますが、使用目的に
より使い分けるといいと思います。


【スライド丸のこの選定アドバイス】

1.メーカーの選定
メーカーは海外も含めると多岐にわたりますが
有名なのはマキタ、日立工機です。
私個人の好みはマキタですが、上記のメーカー
ならほぼ間違いない製品だと思います。


2.切断幅の確認
切断幅の大きいものを選べば色々と切断作業が
できて便利ですが保管場所・設置場所もかさばります。
作業スペースなども考慮して選んでください。

3.機能の確認
傾斜切断:
 刃を傾斜させて傾斜カットできる。
角度切断:
 ターンテーブルを回転させて角度切断を行う。
集塵パック:
 切りくずが集塵袋に集まるので室内作業に適します。
電子制御:
 負荷がかかったときに回転数を上げたりする制御。
 節切りの時などの作業負荷軽減になります。
レーザー:
 カットラインにレーザー光を当てて切断しやすくします。
ブレーキ:
 停止時に刃にブレーキがかかりすぐに回転が止まります。


※メーカーのエアー釘打ち機のリンク
マキタのスライド丸ノコ
http://www.makita.co.jp/product/ecatalog/sougou/index.html#58


日立工機のスライド丸ノコ
http://www.hitachi-koki.co.jp/powertools/pro/cutter/cutter.html





~~~~~~スライド丸のこを売りたい方はこちらまで!!~~~~~~~

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 

 

スライドマルノコなど使っていない工具を放置していませんか?

大工さんなど本職の方はスライドマルノコや卓上ソーなど結構大型の工具を結構お持ちの方が多いと思います。
工具買取エスクラインで買取を依頼される方の中には日曜大工なのにスライドマルノコを持っておられる方もいらっしゃいます。
手持ちの丸のこに対して角度切りなどの細かい細工が得意なこの工具ですが、日曜大工ユーザーさんの場合は使用頻度もどうしても少なくなるので倉庫で放置されがちになります。
その工具を奥様に見つかって「邪魔なので早く処分して!!」となって工具買取エスクラインまで相談いただくことが多いんです(´_`。)
日曜大工用として高価な工具を買うときは保管場所や目的も含めて奥様とよく相談してから買ったほうが良いと思います。
工具は新品で買うと決してやすくはありません。
少しでも使うと扱いは中古工具になります。
どうしても新品と比較して同じ価格での買取はできません。
ですのでよく検討して購入することが大事になってきます。
さて、そんなときは率直に「こういう状況なんだけど・・・」とお話ください。
可能な限りの高価買取でお応えさせていただきます。
ただし上記のようなシチュエーションでご主人様の工具を奥様から買取依頼いただくこともあります。
こういう場合は買取ができません。
必ず所有者様本人からの買取依頼が中古工具の買取の条件になりますのでご注意ください。


工具買取エスクラインの教えるジグソーの選び方

ここではジグソーの選び方について私なりにまとめてみました。
ご参考にしていただければうれしく思います。

ジグソー 買取 大阪

ジグソー 買取 大阪


工具買取エスクラインの教えるジグソーの選び方

【ジグソウの特徴】
刃を上下させて切断する電動のこぎりです。
直線カット・曲線カット・窓抜きカットができます。
刃種の変更で木材から金属まで加工可能です。
葉を上下させて切断する構造であるため丸のこのような刃が回る工具よりは安全?にカットできます。
また丸のこは曲線切りには適しませんがジグソウなら容易に曲線切りができます。
しかし曲線切りが容易ということは直線が苦手ということにもなります。直線切りの治具を装着すれば可能ですが直線切りは丸のこに譲ったほうがいいでしょう。
また構造上丸のこと比較して加工速度は遅くなります。


【ジグソーの選定アドバイス】

1.メーカーの選定
メーカーは海外も含めると多岐にわたりますがマキタ、日立工機、リョービ、ボッシュです。
私個人の好みはマキタですが、上記のメーカーならほぼ間違いない製品だと思います。


2.機能の確認
傾斜切断:
 刃を傾斜させて傾斜カットできる。
スピード調整:
 曲面切りのときはゆっくり切断したほうがきれいに
 カットできます。
オービタル:
 
刃の上下動作に加え、前後にも楕円を描くように動く機能。
 加工速度が若干速くなります。
電子制御:
 負荷がかかったときに回転数を上げたりする制御。
 節切りの時などの作業負荷軽減になります。
集塵機能:
 室内作業に適します。



※メーカーのジグソーのリンク
マキタのジグソウ
https://www.makita.co.jp/product/li_ion/jv182drf/jv182d.html

ハイコーキのジグソウ
https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/li-ion-cutter/cj36da/cj36da.html

リョービのジグソウ
https://www.kyocera-industrialtools.co.jp/products/items/1289

ボッシュのジグソウ

https://www.bosch.co.jp/pt/products/?group=64




~~~~~~ジグソウを売りたい方はこちらまで!!~~~~~~~

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 

ジグソーについてのコラム

ジグソーパズルを子どものときにやったことがあり方は多いのではないかと思います。
元々は木板をジグソー(糸鋸)で切って作ったパズルだからジグソーパズルって言うんですよ。
少し話は工具から反れてしまいましたがジグソーは薄い板を曲面に切るのが得意です。
逆にまっすぐ切るのは丸のこのほうが適した工具になります。
代引き女作業にも適した工具がありますので作業前の工具の選定が大事ですね。
しかし安全性で考えると丸のこのほうが危ないかもしれません。
ジグソーは刃が当たっても力が加わらないと大怪我にもならないとは思いますが、丸のこは回転部に力が加わっていなかっても大怪我になります。
工具を使う作業は十分に注意して行なってくださいね。

さて、そんな便利な電動工具ですが保管場所も結構かかってしまいます。
工具買取エスクラインでもある私は3児の父でもあります。
PTAなどを通して保管場所がないから妻に愚痴られて・・・
というご相談をよく受けます。
やっぱりどこの家庭でも同じなんですね。
本職の形なら必要な道具は奥様の苦情も少ないとは思いますが日曜大工では立場も少し弱くなるのではないかと思います。
さて工具買取エスクラインでは知人からも買取以来をちょくちょくいただきますが、やっぱり買取依頼が多いのは本職の大工さんやj工場オーナー様になります。
次いで多いのは日曜大工の方です。
日曜大工で使っていた工具でも高価買取していますよ。
ただ査定価格が怪しいのは外国メーカーのものは買取査定が厳しかったりします。
もりろんSnap-OnやMacToolなどブランド物のことではなくメイドインチャイナなどの廉価版の商品です。
有名ブランドのものはもちろん超高額買取していますよ。
工具買取の事ならエスクラインが絶対におすすめです。


工具買取エスクラインの教えるコンプレッサーの選び方

 

 

ここではエアーツール(釘打ちなど)などで使用する
コンプレッサーの選び方について私なりにまとめてみました。
ご参考にしていただければうれしく思います。

工具 買取 大阪




工具買取エスクラインの教えるコンプレッサーの選び方

【コンプレッサーの選定アドバイス】
1.メーカーの選定
メーカーは海外も含めると多岐にわたりますが
有名なのはマックス、マキタ、日立工機です。
私個人の好みはマックスですが、上記のメーカー
ならほぼ間違いない製品だと思います。


2.常圧と高圧を確認する
コンプレッサーには高圧と常圧があります。
現在では高圧用が主流になってきていますが、
古いコンプレッサーだと常圧のものが多いです。
新品を購入する場合は、高圧用がおススメめです。
高圧用なら、常圧用と高圧用の両方利用できます。

3.動作音と重量を確認する。
騒音レベルをまずは確認しましょう。
うるさすぎるものは町中の作業のときは苦情が出る
こともあります。一般的には高圧のほうが静かで
重量も軽いです。
高圧は60db以下のものもありまた重量も半分くらいの
ものもあります。

※メーカーのコンプレッサーのリンク
マックスのコンプレッサー
http://wis.max-ltd.co.jp/kikouhin/product_middle_category.html?middle_key=07

マキタのコンプレッサー
http://www.makita.co.jp/product/ea_kougu_series/index.html

日立工機のコンプレッサー
http://www.hitachi-koki.co.jp/powertools/pro/air/air.html




~~~~~~コンプレッサーを売りたい方はこちらまで!!~~~~~~~

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

 

コンプレッサのコラム

コンプレッサって大工さん以外にも結構お持ちの方もいらっしゃいます。
工場や牧場、農家さんなどの事業や家業としてお使いの方も多いですがカーメンテナンスでインパクトレンチやエアリフトを使用するのにお使いの方もいらっしゃると思います。
コンプレッサは大工さんなどが釘打ちに使用するようなタイプから、リフトや産業機械に用いる産業用、一般家庭用とさまざまな工具のタイプがあります。
もちろんなことですが使用する工具や機器の使用圧力や使用空気量を見てコンプレッサを選定して下さいね。
上部画像のコンプレッサは大工さんが釘打ちなどで使う工具です。
大工さんは現場から現場へ移動することが多いので持ち運びし易いよう軽量に設計されています。
ということはエアタンクも容量が小さくなりますので農業などでのエアブローでの掃除などには適していません。
高価な工具を買っても目的と用途が間違っていると時間がかかるばっかりで効果はイマイチになりますよ。

さてエスクラインの工具買取で時々あるのは間違って工具を買ってしまったので買取して欲しいと言うご依頼です。
・上述したようにコンプレッサを間違って買ったので買取して欲しい・・・
・高圧釘打ちを買ったつもりが常圧だったので買取して欲しい・・・
・丸のこを買ったが使いにくいので買取して欲しい・・・
・関西地域在住なのに50HZの電動工具を買ってしまったので買取して欲しい・・・
などが間違って購入してしまったときに依頼いただく代表的な例です。
おそらく店頭で購入されたら買い間違いは発生していなかったのではないかと思います。
こういう間違った購入での買取での共通原因はネットで購入されたことです。
ネットで購入するときもおそらく細かい情報が記載されているとは思うのですが字が小さかったりで細かい内容がチェックできていなかったんだと思います。
皆様もネットで買う場合は十分にご注意くださいね。

さて間違って買ってしまった工具、いつまでも悩んでいても意味がありません。
そういう時はすぐにエスクラインまでご連絡ください。
未使用品に関しては需要も多く特に高価買取が実現し易いです。
放置しても古くなるばかりでどんどんと市場価値は下がってしまいます。
お客様に寄り添った買取がエスクラインの自慢ですよ。


工具買取エスクラインの教えるエアー釘打ち機の選び方

ここではコンプレッサーに接続して使用する
エアー釘打ち機の選び方について私なりにまとめてみました。
ご参考にしていただければうれしく思います。

釘打ち 買取 大阪


工具買取エスクラインの教えるエアー釘打ち機の選び方

【エアー釘打ち機の選定アドバイス】
1.メーカーの選定
工具のメーカーと言うのはもちろん国産だけではもちろんありません。
海外も含めると非常に多岐にわたりますが有名なのはマックス、マキタ、日立工機です。
私個人の好みはマックスですが、マキタや日立など上記のメーカーならほぼ間違いない製品だと思います。


2.常圧と高圧を確認する
この工具には高圧用と常圧用があります。
釘打ち機はまだまだ高価な工具ではありますので一般家庭など日曜大工にはあまり使いません。
大工さんなど本職の方で現在では高圧用が主流になってきていますが、古いコンプレッサーだと常圧のものが多いです。
ご使用になられるコンプレッサーが常圧か高圧かご確認のうえ、工具の圧も選んでください。
高圧のものは重量も軽く、また使用するエアーホースも細いのでだいぶ軽いです。
新しく買うなら高圧がいいと思います。

3.使用するネイルの長さを選定する
よく使用する65mmのものが無難と思います。
それより長いものだと値段もそれなりに高くなりますし、重さも結構あるので疲れます。
反対に短いものは軽いので30mmくらいのものはあれば便利です。
長いネイルは金槌でもいいと私は思います。

※メーカーのエアー釘打ち機のリンク
マックスのエアー釘打ち
http://wis.max-ltd.co.jp/kikouhin/product_middle_category.html?middle_key=04

マキタの
エアー釘打ち
http://www.makita.co.jp/product/ea_kougu_series/index.html

日立工機の
エアー釘打ち
http://www.hitachi-koki.co.jp/powertools/pro/air/air.html




~~~~~~エアー釘打ち機を買取して欲しい方はこちらまで!!~~~~~~~

 

工具買取エスクラインへのメールでのお問合せ

フリーダイヤル:0120-933-689


買取実績一覧

ここをクリック!!


工具のLINE買取のやり方はここをクリック!!


工具のLINE査定は友だち登録から
※≪@889kaitori≫で検索して友だちリストに追加して下さい♪
 メーカー・型番・使用年数などを記載し写メを送るだけのかんたんお見積りが可能です。
 大阪・兵庫はすぐに出張いたします。
 LINE買取の詳しいやり方

釘打ち機などの工具買取はエスクラインへ

使っていない釘打ち機を眠らせていませんか?
最近はあまり聞かないかもしれませんが1現場ごとに工具を更新される業者様もいらっしゃいますね。
そんなまだまだ使える工具を放置すると本当にもったいないですよ。
例えば新地のラウンジとかでお酒を飲むとセット料金だけでも3万円くらいになったりしますが工具1台買取に出すだけでもそれくらいの査定になることはよくあります。
そんな工具を買取に出さずに放置されている大工さんが実は本当にたくさんいらっしゃいます。
これが本物の埋蔵金ではないでしょうか?
不用な工具はどんどん買取に出すべきです。
「しかし工具の買取ってめんどくさいんちゃうん?」
とよく言われます。
エスクラインの工具買取は電話かLINEで「ちょっと来てんか。」と伝えるだけでもすぐに駆けつけて工具の査定を行なう迅速さが売りです。
しかも高価買取は関西トップレベルで安心です。
工具の高価買取の秘密は徹底したコストダウンと小規模経営による不要な固定費がかかっていないので工具の買取価格に上乗せできるんです。
工具を買取に出すときは是非エスクラインに連絡くださいね。


カテゴリー

工具の選び方

買取実績

店長の日記

キャンペーン情報

 

◆◇◆ 会社概要 ◆◇◆

【 ショップ名 】
リサイクル・工具・家電買取
エスクライン 大阪買取支店
大阪府大阪市此花区
朝日2丁目18番8号3F-415
※店頭買取は行っていませ
ん。出張専門買取店です。


【 電話番号 】
0120-933-689

【 メールアドレス 】
info@otakara-kaitori.net

【 大阪買取支店google 】
工具買取 エスクライン
大阪支店


【 古物営業許可証 】
第631400900022号
兵庫県公安委員会

プライバシーポリシー

QUOカードプレゼント中!!


ただいまQUOカードプレゼント中!!
詳しくはキャンペーンのご案内から
ご確認ください。

タグクラウド

お役立ち情報

買取情報【工具】

工具の使い方

facebook

エスクライン大阪店のgoogleマイビジネス

最近のコメント


    トップページ 買取品目 買取手順 Q&A 出張範囲 会社概要 お問合せ 保護者同意書  
    買取実績 高く売るコツ キャンペーン 大阪で工具を売るなら プライバシーポリシー